胴造りのやり方とコツ|弓道が上達する練習方法

今まで胴造りをどのように行ってきましたか。

立射ならば、足踏み後、腰に手を添えたら完了、そう行ってきましたか。

胴造りは上半身の基盤を整える大切な動作です。

ちなみに下半身の基盤を整えるのが足踏みです。

足踏みも胴造りも、動作が簡単な故にあまり意識することなくできます。

しかしきちんと行わないと、体の基盤が崩れてしまいます。

今回は弓道の上達に欠かせない体の基盤を整える動作の1つ、胴造りについてやり方とコツを解説します。


1. 胴造りのやり方

足踏み後、顔向けを戻します。

そして弓の先端を床につけて弓を返し、弓の末端を左膝がしらに持っていきます。

右手は腰に添える。

これが胴造りの基本的なやり方になります。

実にシンプルですが、おさえておきたいポイントがあります。

次でおさえておきたいポイントについて解説します。


2. これだけはおさえておきたい!胴造りのポイント

弓道の射法八節中、2番目にくる胴造り。

この動作では上半身の基盤を整えるというのは冒頭で述べました。

ではどういったポイントをおさえていればいいのでしょうか。

ここでは、これだけはおさえておきたいというポイントを解説します。

ポイント1 三重十文字が整っている

三重十文字とは、次の3つの横の線と、頭上から垂直に下した線との交わりのことをいいます。

・両肩を結ぶ線

・腰を結ぶ線

・両足の土ふまずを結ぶ線

この3つの線はあくまで頭上から見て水平になるようにします。

3つの線と垂直線の交わりが正しく行われていると上半身が整います。

ポイント2 お腹が前に出ていない

お腹が前に出てしまうと、肩が必要以上に落ち込んでしまいます。

そしてお腹が出てしまうと、下半身と上半身が断裂した状態になります。

加えて、上半身の縦のラインが曲がってしまい上半身の基盤が整いません。

ポイント3 腰から頭の上にかけて背筋はまっすぐ伸びている

さきほどのお腹が前に出ていないと通じる点がありますが、腰から頭の上にかけてまっすぐ伸びていることも重要なポイントです。

この時にあごを軽く引くようにすると、背筋が伸びやすくなります。

ポイント4 軽く胸が開いている

弓道では胸を開き、弓の間に体を割って入るように引分けを行います。




胸を開く動作は、引分け直前などですぐにできる動作ではありませんので、胴造りで予備動作を行っておきます。

それが軽く胸を開いておくことです。

ポイント5 左右の偏りがない

左右どちらかに、胴造り時から偏りがあれば、それ以降の動作もすべてどちらかに偏った状態、もしくはどこかで不自然にバランスを取ろうとしてしまいます。

そうはならないために、きちんと中立の姿勢にします。


3. 胴造りを上達させる練習方法

さきほどのポイントをもとに、胴造りを上達させる練習方法を解説します。

三重十文字を整える練習

三重十文字を整えるには、壁を利用します。

1人では確認しにくい練習ですので、人に協力を要請しましょう。

まず壁に両踵をつけます。

そこから弓は持たず胴造りを行います。

そして、協力者に側面から肩、腰、足が同じ位置に来ているかを確認してもらいます。

早々頭の上から確認できる場所というのはありませんが、このようにして三重十文字を整える練習ができます。

下腹部に少し力を入れる練習

姿勢を正すときに、背筋だけ無理矢理伸ばすのではなく、下腹部に少し力を入れることで背筋が伸びやすくなります。

力を入れるのは、へそ下部分です。

なかなかへそ下部分だけに力を入れるのが難しいので、息を吐き切ることで練習していきます。

息を吐き切るためには、上腹部から下腹部にかけて力が入っていきます。

これを繰り返して、息を吐き切った後の下腹部の力の入り加減を覚えます。

そして、今度は通常の状態でも下腹部に力を入れることができるように意識していきます。

肛門をしめる練習

これは下腹部に力を入れることとセットで合わせてやりたい練習です。

前後に力を加えることで、背筋が伸びやすくお腹も出にくくなります。

この練習はいたってシンプルで、肛門をしめるようにします。

もし難しく感じられるならば、お尻の筋肉に力を入れるようにしてみてください。

胸を開く練習

まず体の側面より後ろ側に腕を持っていきます。

そして、肩甲骨が寄っている感覚を確認して、寄った肩甲骨を離さないように腕だけを前に戻します。

実はこの状態が胸を開いた状態なのです。

この練習を繰り返し行って胸を開いた感覚を身につけます。

以上胴造りのやり方とコツについて解説しました。

胴造りで上半身の基盤を整えて、より弓道を上達させていきましょう。







弓道が驚くほど上達する練習教材

弓道が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも良い成績を残せない!
✓大人で弓道を始めたが伸び悩んでいる
✓弓道部の顧問になったが指導方法が分からない
✓近くに良い指導者がいない
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「弓道が驚くほど上達する練習教材」です。

弓道が驚くほど上達する練習教材は、 元国体チャンピオンや天皇杯覇者などの名人が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に弓道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の弓道が上達する練習教材を紹介します。


  • 弓道上達革命 ~初心者と指導者向け~【天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修】DVD2枚組



    弓道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 中学や高校の弓道部、大人で弓道を始めた人、弓道部の顧問 のために開発された弓道上達プログラムです!

    史上最年少で天皇杯覇者となり、その後インターハイや国体など数々の全国大会で優勝者を育て上げた弓道教士七段「増渕淳人」先生がついに明かす弓道上達の極意が詰まっています!

    しかも、半年以内に弓道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ