継ぎ矢とは? | 弓道が上達する練習方法

弓道の継ぎ矢とは、先に放った矢に、後の矢が刺さることをいいます。めったにないことなので、あがり弦のように縁起のいいものとされています。


1.継ぎ矢が起こった場合

見事な継ぎ矢はまるで長い一本の矢のように見えます。

継ぎ矢とは、後に引いた矢が先に引いた矢に中って食い込み、あたかも1本になったように見える状態です。

これは非常に珍しい現象なので、上段者でもその場に居合わせた場合は、わざわざ近寄って見に来る方もいるようです。

ゴルフのホールインワンよりも珍しいともいわれています。

継ぎ矢は縁起のいいものとされていますが、射手本人は、矢の筈が壊れてしまうので複雑な気持ちになる場合もあるようです。

先にあたっていた矢だけなく、あとに離した矢も合わせて2本の矢が破損してしまうこともあるからです。

特に、買ったばかりの矢で継ぎ矢が起きてしまった場合は、周囲の反応とは逆に、矢が壊れてしまったことを嘆く人もいたりするようです。

継ぎ矢は、弓を引いていれば練習中でも試合中でも本当に珍しいことですが、起こりうる現象です。

全弓連の弓道競技規則では、的中判定の項で、試合中に継ぎ矢が起きた場合は、あたり矢にあたった場合は的中とされますが、はずれ矢にあたった場合は無効となるとしています。




競技規則の的中判定では、「あたり」、「はずれ」は、標的の表面主義としており、中りとなるには的中した証拠が必要であるといった基準が設けられています。

最近の矢は筈が丈夫になってきているので、筈にあたって跳ね返されてしまうことも多いようです。

継ぎ矢のように見える筈打ちというものがあります。

これは、後に引いた矢があたり矢の筈に中って軌道が変わったり、跳ね返ってしまうことです。

筈打ちのときは、継ぎ矢のように甲矢が破損してしまうことはないようで、甲矢の筈の交換だけで済むようです。

試合では、あたり矢にあたって跳ね返ってしまった場合は、はずれとなります。

あたり矢に跳ね返されて、あたり矢の筈が破損していても、それはそこに矢が中った直接の証拠とはみなされず、はずれ扱いとなるようです。

それは、もとから筈が破損していた可能性も考えられるからのようです。

本来、矢は甲矢と乙矢の特性として、同じようには飛ばないはずなので、継ぎ矢は非常に珍しい現象であるといえるのでしょう。

継ぎ矢も筈打ちも矢所が安定している証であるといえます。

すごい集中力のなせる技だということもできるでしょう。

弓道初心者だけでなく熟練者にとっても、継ぎ矢は憧れであるようです。

継ぎ矢になって、一喜一憂するのは人それぞれですが、的中を上げるためには、継ぎ矢を起こすくらいの気持ちで集中うして弓を引くことも、弓道の上達のために必要なのかもしれないですね。







弓道が驚くほど上達する練習教材

弓道が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも良い成績を残せない!
✓大人で弓道を始めたが伸び悩んでいる
✓弓道部の顧問になったが指導方法が分からない
✓近くに良い指導者がいない
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「弓道が驚くほど上達する練習教材」です。

弓道が驚くほど上達する練習教材は、 元国体チャンピオンや天皇杯覇者などの名人が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に弓道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の弓道が上達する練習教材を紹介します。


  • 弓道上達革命 ~初心者と指導者向け~【天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修】DVD2枚組



    弓道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 中学や高校の弓道部、大人で弓道を始めた人、弓道部の顧問 のために開発された弓道上達プログラムです!

    史上最年少で天皇杯覇者となり、その後インターハイや国体など数々の全国大会で優勝者を育て上げた弓道教士七段「増渕淳人」先生がついに明かす弓道上達の極意が詰まっています!

    しかも、半年以内に弓道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ