社会人の習い事に弓道がおすすめな理由

弓道は日本古来の武道のひとつですが、唯一、年齢性別を問わずに自分の体力に応じて問わず楽しめる競技です。社会人になってから弓道を始めたり、学生時代に習っていた弓道を再開する人が多い理由はそこにあるのかもしれません。


1.弓道は何歳まで楽しめる?

弓道は他の武道やスポーツと違って、始める年齢に上限はなく、また性別を問わず公平に結果が出せる魅力があります。

弓を引く弓力は調節できるので、体力が弱くても問題なく長い年月楽しむことが可能な武道になります。

弓道は個人プレーなので、その人の体格と体力に適した弓を使用すれば、誰でも対等に競技ができ、共に楽しむことが出来ます。

年輩になってから始めたとしても、動きが激しくなく無理もないので、他の運動よりもはいりやすいメリットがあります。

若い時に少しでも経験がある場合は、何十年ものブランク後に再開しても、体で覚えたことは忘れずに残っていて、練習すればすぐ元に戻ることから、定年後に再開する人や、子育て等が終わって再開する人にも適した運動であるでしょう。

社会人になって初めて弓道を始める人、学生時代にやっていた弓道を社会人になって再開する人、定年を迎えてから弓道を始める人と様々な場合があると思いますが、弓道歴、年齢、性別、体力の差別なく一緒に練習できることも、弓道の魅力のひとつです。





2.弓道を通して礼儀を身につける

学生と社会人の弓道の違いは、学生では、中りを重視する競技としての弓道の傾向があるが、社会人弓道では、中りよりも、射形や体配を重視される傾向があるようです。

練習も学生は質より量を重視しますが、社会人は量より質が求められるようになります。

弓道は運動未経験でも関係なく始められ、運動経験者が有利であることはありません。

年輩の方が若い頃に弓道の経験がなくても、日々、真摯に練習を重ねることで、射会で結果を残し、昇段も重ねている方も多くいらっしゃいます。

弓道は社会人になってからでも問題なく始められます。社会人からでも胸を張れるような結果を残せる、良い武道と考えられるでしょう。

また、体配での所作は社会人としての品格を身に着けるのに適しており、日常生活での所作が美しくなります。

弓道は姿勢の武道です。弓道を行なうと姿勢がよくなります。よい姿勢は、長寿と健康をもたらします。

弓道で日本古来の文化を学び、礼儀、作法によって、社会人としての大事な基本を身につけることができるでしょう。

弓道は他のスポーツや武道とは異なる力を使って行なう競技です。社会人になっても弓道を始めたいという気持ちがあればいつでも始められる身近な武道として、楽しく上達を目指してみましょう。







弓道が驚くほど上達する練習教材

弓道が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも良い成績を残せない!
✓大人で弓道を始めたが伸び悩んでいる
✓弓道部の顧問になったが指導方法が分からない
✓近くに良い指導者がいない
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「弓道が驚くほど上達する練習教材」です。

弓道が驚くほど上達する練習教材は、 元国体チャンピオンや天皇杯覇者などの名人が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に弓道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の弓道が上達する練習教材を紹介します。


  • 弓道上達革命 ~初心者と指導者向け~【天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修】DVD2枚組



    弓道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 中学や高校の弓道部、大人で弓道を始めた人、弓道部の顧問 のために開発された弓道上達プログラムです!

    史上最年少で天皇杯覇者となり、その後インターハイや国体など数々の全国大会で優勝者を育て上げた弓道教士七段「増渕淳人」先生がついに明かす弓道上達の極意が詰まっています!

    しかも、半年以内に弓道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ