弓道初心者におすすめの筋トレメニュー

弓道は一見、筋トレとは無縁のように見えます。

激しい動きがあるわけではないし、たくましく発達した筋肉が必要なようにも見えません。

しかし、それは誤解なのです。

弓道の動作は基本ゆっくりとした動作です。

このゆっくりとした動作は、実は筋力がないとできない動作です。

今回は弓道をはじめたばかりの初心者の人が、今後弓道をより上達させるために必要な筋肉を鍛える筋トレを解説します。


1. 弓道に必要な筋力とは

弓を引くための筋力と聞けば、腕力をイメージする方もいるのではないでしょうか。

確かにある程度の腕力も必要ですが、それ以外にも必要な筋力があります。

それが胸、腕、下半身、握力、背筋です。

しかし、これだけでは不十分です。

冒頭でゆっくりした動作が基本だと述べました。

ゆっくりした動作では重心が大切になります。

特に初心者であると、ゆっくりした動作が難しいです。

ゆっくりとした動作は、より体幹と呼ばれるバランスをとる力も必要となります。

なので弓道に必要な筋力をまとめると、胸・腕・下半身・握力・背筋と、体幹となります。


2. 弓道で鍛えておきたい筋肉5選

胸、腕、下半身、握力、背筋、体幹と並べましたが、具体的にはどの筋肉を鍛えたらいいのでしょう。

ここでは体幹を除いたより具体的な鍛えておきたい筋肉を解説します。

【 大胸筋 】
弓を引くときに、胸を左右に開き、しっかり引き切るために必要な筋肉です。

この筋肉が鍛えられると、会での縮みや小さな引き分けになりません。

【 上腕三頭筋 】
力こぶができる反対側の筋肉です。

この筋肉が鍛えられると、安定して引けるほか、弓力を上げやすくなります。

【 ハムストリング 】
太ももの後ろ側にある筋肉です。

この筋肉が鍛えられると、下半身が強化され足踏みが安定します。

【 手のひら・甲の筋肉 】
左手ならば手の内、右手ならば取り掛けといった時に必要な筋肉です。

この筋肉が鍛えられると、手の内の安定、右手の軌道が安定します。

【 背筋 】
大胸筋が体の前であれば、背筋は体の後ろ側で体を支え、大きく引分けるのに必要な筋肉です。




この筋肉が鍛えられると、大きく引分けられる、姿勢を正しく保てるようになります。


3. おすすめの筋トレメニューと体幹トレーニング

大胸筋と上腕三頭筋を鍛える――プッシュアップ(腕立て伏せ)

大胸筋と上腕三頭筋はプッシュアップで鍛えられます。

弓道に必要な筋力向上のためには、早く多くの回数をこなすのではなく、ゆっくりとした動作で行うことがポイントです。

まずは10回程度を目安とし、無理のない範囲で行います。

また、全体重を支えるのがつらいという人は、壁に手をつきプッシュアップをしても鍛えられます。

ハムストリングを鍛える――スクワット

スクワットもプッシュアップ同様にゆっくりと行います。

椅子を用いてトレーニングをすると、どの位置まで腰を落とすのかがつかみやすくなります。

ポイントは、お尻を突き出した状態にならいないようにすることです。

お尻が突き出てしまうと、本来足にかかる負荷がかかりにくくなり効果が得られません。

・手のひら・甲を鍛える――ハンドグリップの使用

購入の際選ぶポイントは、連続して20回握れない程度のものを選びます。

グッグッと勢いよく握って開くのではなく、全開に握ったのち5秒キープし、ゆっくり離すということを繰り返します。

もしゴムボールやテニスボールなどがあれば、それを握ることでも鍛えられます。

無理のない回数で繰り返していきましょう。

背筋を鍛える――バックエクステンション(背筋)

うつ伏せになった状態で上を見上げるように背を反らして頭をあげます。

その際注意したいのが、あまり反りすぎてしまうと腰を痛めるということです。

反らす度合いではなく、頭を持ち上げ降ろす回数を増やしていきましょう。

体幹を鍛える――バランスボールの使用

体幹を鍛えるのにうってつけなのが、バランスボールです。

バランスボールの上で姿勢を正して座るようにします。

これだけで体幹を鍛える効果があります。

以上、弓道をより上達させるために必要な筋肉を鍛える筋トレと体幹トレーニングについて解説しました。

一長一短に筋力は向上しませんので、初心者であるうちから少しずつトレーニングを行っていきましょう。







弓道が驚くほど上達する練習教材

弓道が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも良い成績を残せない!
✓大人で弓道を始めたが伸び悩んでいる
✓弓道部の顧問になったが指導方法が分からない
✓近くに良い指導者がいない
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「弓道が驚くほど上達する練習教材」です。

弓道が驚くほど上達する練習教材は、 元国体チャンピオンや天皇杯覇者などの名人が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に弓道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の弓道が上達する練習教材を紹介します。


  • 弓道上達革命 ~初心者と指導者向け~【天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修】DVD2枚組



    弓道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 中学や高校の弓道部、大人で弓道を始めた人、弓道部の顧問 のために開発された弓道上達プログラムです!

    史上最年少で天皇杯覇者となり、その後インターハイや国体など数々の全国大会で優勝者を育て上げた弓道教士七段「増渕淳人」先生がついに明かす弓道上達の極意が詰まっています!

    しかも、半年以内に弓道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ