アナタが子どもに弓道を習わすべき理由

日本古来の武道である弓道を習うことで身につく礼儀作法は、大人だけでなく子どもにも有益であることから、昨今、子どもの習い事として注目を浴びているようです。


1.子どもが弓道を習うメリット

稽古を繰り返すことで、精神面での鍛錬ができることから、子どもの習い事で人気のある武道。

日本古来の武道のひとつである弓道は、他のスポーツや武道とは違って個人競技であることから、年齢、体格、体力に関係なく楽しめる運動としても注目されています。

また、弓道は極端な言い方をすると、弓の力をその人に合わせて調整するため、力がなくてもできます。

これは人を相手にする武道の柔道や剣道、空手ではできないことです。

力ずくで結果を出す体の使い方は、弓道では通用しません。

そのかわり、弓道は普段ない体の力の使い方をすることで上達する武道なのです。

弓道によって得られる運動効果は少ないですが、体力アップではなく、礼儀や作法の習得と目標とするのなら、弓道は非常に適した武道になるでしょう。

また、弓道では、他のスポーツでは得られない、姿勢の良さを得ることができます。

姿勢の良さは、日常生活において、健康だけでなく印象も良くなります。

押手の手の内は、左手の働きが重要であるため、脳の発達を促す効果にもあります。

弓道の成績が上がると学校の成績も上がる子どもが多いことも知られています。




日本古来の礼儀や作法、文化を学ぶことができ、自分を高めることができるのも魅力の一つです。


2.子どもが弓道を習うデメリット

多くのメリットがある弓道ですが、反対にデメリットとなることはどんなことがあるでしょう。

まず、弓道は体格、体力に関係なく始められる武道ではありますが、一般的に小学生では骨格の形成上、体に負担がかかってしまうために、勧められてはいません。

小さい子どもは骨の形成途中にあるため、強い力がかかるとゆがんでしまったり、曲がってしまう危険性があるためです。

多くの道場は中学生からの開始を推奨しています。まれに、体格のいい小学高学年は特別に認められることもあるようです。

また、弓道は主に、静の動きで成り立っているので、小さい子どもは練習に飽きてしまう場合もあるでしょう。

弓道具の大きさや強さも子どもの体にはあまり適していません。

所作や作法の難しい言葉をしっかりと理解するのも大変なことです。

こういったことから、弓道を始めるには中学生以上が適しているとされているのでしょう。

しかし、弓道のスポーツ少年団や、道場で開催される子ども向けの教室などで、弓道に触れてみることは、子どもにとっても大変いい経験となることでしょう。

小さい頃に少しだけでも触れた経験が、のちに弓道を習いたいという情熱となり、始められる年齢になったら、真摯な姿勢で練習に取り組み、上達していくことでしょう。







弓道が驚くほど上達する練習教材

弓道が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも良い成績を残せない!
✓大人で弓道を始めたが伸び悩んでいる
✓弓道部の顧問になったが指導方法が分からない
✓近くに良い指導者がいない
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「弓道が驚くほど上達する練習教材」です。

弓道が驚くほど上達する練習教材は、 元国体チャンピオンや天皇杯覇者などの名人が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に弓道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の弓道が上達する練習教材を紹介します。


  • 弓道上達革命 ~初心者と指導者向け~【天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修】DVD2枚組



    弓道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 中学や高校の弓道部、大人で弓道を始めた人、弓道部の顧問 のために開発された弓道上達プログラムです!

    史上最年少で天皇杯覇者となり、その後インターハイや国体など数々の全国大会で優勝者を育て上げた弓道教士七段「増渕淳人」先生がついに明かす弓道上達の極意が詰まっています!

    しかも、半年以内に弓道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ