弓道の弓返しとそのなおし方

弓道には、弓返りを作為的に真似した弓返しというくせがあります。このくせは、炎症の原因となったり、的中が不安定になったりします。

ここでは、そのなおし方を紹介します。


1.押し手に見られる弓返しの特徴

弓返しとは、弓返りを真似して、意図的に手首を振ったり、手の内をゆるめて弓を返す動作です。本来、弓返りとは、自然に離れることで生じる結果ですので、作為的に行うものではありません。

弓返しは的中が安定せず、矢飛びが悪くなり、弓道上達の妨げとなってしまいますので、できるだけ早くなおすべきものです。そのくせは、大きくわけて二つあります。

一つは、手首を振るというものです。

本来は、角見が弓の右側を締め、伸合の果てに押すものです。しかし、このくせはそれができておらず、あたかもそれをしているかのように手首を後ろに振ってしまうといったものです。

角見のはたらきを正しく覚えるよりも先にこのくせがついてしまうと厄介です。

手の内がゆるんでしまうため、矢所は定まらず、それに伴い的中もムラが出てしまいます。しかし一方で、的中が良い人ほど、この手首を振るくせがあるのも事実です。

なおし方としては、弓返りをやめてしばらく練習し、角見のはたらきを覚える方法が良いでしょう。

弓返りは弓に任せるものです。振りこみは手首の炎症にもつながりかねないので、できる限り速やかになおしましょう。




二つ目は、手の内がゆるむというものです。これは、弓道中級者や技の上手な人の中にも多いくせです。

弦が弓の上の額木を打つ音を、弦音と勘違いしてしまいがちなのも一因でしょうか。実は、かつて私もそうでした。

手の内がゆるむのは、手の内が正しくできていないことが一番の原因です。弓道上達のためにも、しっかりなおしたいところです。

なおし方としては、手の内の練習に、斜面打起しの要領で、弓を振る感覚を養うと良いでしょう。


2.弓返りが得意な弓と苦手な弓がある

弓にも個性があります。

共有の弓を使用していた学生時代には、同じ強さの弓であっても、「この弓は使いやすい」「この弓は何となく使いにくくて駄目だ」など、その感触は人それぞれ、ということがありました。

また、その個性の中には、弓返りが得意な弓・苦手な弓というのもあります。弓返りが得意な弓は、弦をかけたとき、弦はわずかに右側を通っています。

また、力の弱い弓に多いのですが、弓の上方が的の方に大きく倒れる弓もあります。この弓は離れで引っかかったり、スムーズな離れの障害にもなり得ますので、なるべく避けた方が無難でしょう。

このように、弓返しのなおし方として、弓そのものが一つの選択肢としてあることを覚えておくと良いかもしれませんね。ただし、弓を選ぶことは、自分のベストパートナーを選ぶことでもあるので慎重に行いたいものです。







弓道が驚くほど上達する練習教材

弓道が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも良い成績を残せない!
✓大人で弓道を始めたが伸び悩んでいる
✓弓道部の顧問になったが指導方法が分からない
✓近くに良い指導者がいない
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「弓道が驚くほど上達する練習教材」です。

弓道が驚くほど上達する練習教材は、 元国体チャンピオンや天皇杯覇者などの名人が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に弓道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の弓道が上達する練習教材を紹介します。


  • 弓道上達革命 ~初心者と指導者向け~【天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修】DVD2枚組



    弓道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 中学や高校の弓道部、大人で弓道を始めた人、弓道部の顧問 のために開発された弓道上達プログラムです!

    史上最年少で天皇杯覇者となり、その後インターハイや国体など数々の全国大会で優勝者を育て上げた弓道教士七段「増渕淳人」先生がついに明かす弓道上達の極意が詰まっています!

    しかも、半年以内に弓道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ