弓道における失について

試合や審査など弓道の上達の成果を大勢の人の前で披露するとき、緊張してしまい、過ちを犯してしまうことがあります。この過ちは「失(しつ)」といいます。

大切な場面で慌てることがないように、失を正しく処理できるようにしておきましょう。


1.失とは

弓道において、矢を取りこぼしたり弓を落としてしまったりといった、様々な過ちを「失」といいます。

失をしてしまっても、練習のときはなあなあで終わらせてしまうことが多くあります。特に学生弓道ではその傾向は強いかもしれません。

しかし、失は競技でこそ取り戻すことはできませんが、審査ではその処置の仕方が適切であれば段位が認められることも多くあります。ですので、審査前に特別に時間を割いて学ぶ、という方も少なくない思います。

競技に出るほど上達すると、失自体が稀になり、弓道競技者の中には失をしたことがない、という方もいるかもしれません。

しかし、失は思ってもいないときに起こります。その原因は、メンタルの乱れだったり、道具の手入れ不足だったりと様々です。

そして、失の処理の仕方が身についていないばかりに、競技中や審査中に見苦しい姿を見せてしまうことになると、非常に恥ずかしい思いや情けない思いをすることと思います。

失は稀ではありますが、その処理の仕方を身につけておくと、より自分の力となり、安心して引くことができるようになります。安心して引くことで、精神的な面でも上達につながるでしょう。


2.弦が切れたとき

ありがちな失の一つに、弦が切れてしまうことがあります。その対処法を見ていきましょう。

切れた弦が近い場所にあったときは弦の方へ足を寄せて跪坐します。遠くにあるときは、一度足を寄せ、弦の方まで歩いて跪坐します。

弦のある所で跪坐したまま、矢を左手に移し、左手で弦を拾い、右手の親指と手のひらで弓と矢を支えたまま、弦を右手で巻き取ります。

矢を右手に戻したら射位へ戻り、恐縮の気持ちを表して、間延びしないように後ろへ下がります。




屋外へまで飛んでしまった弦は取る必要はありませんが、弓の届く範囲にあるときは、適当などころまで歩行して跪坐し、弓で引きよせて弦を取ることができます。2,3回で取れないときは、そのまま射位に退いて、礼をし、後退します。

弦は消耗品ですので、常に状態を確認し、予備の弦は用意しておきましょう。

競技中、審査中に弦が切れると、その間の立ちの行射はストップします。他の人に配慮するためにも、道具の手入れならびに準備は入念にしておきましょう。


3.弓を取り落としたとき

離れたとき、弓を取り落とすことがあります。離れたときに手の内が緩んだなど、原因は様々でしょうが、弓を取り落としたときも、概ね弦の処理と同じです。

近くに落ちた場合は、近い方の足にもう片方の足を寄せます。左足が弓に近ければ、右足を左足に近付けます。

それから跪坐して弓を取ります。

遠くに落ちたときは、一旦足を寄せて弓の近くまで歩行し、跪坐して弓を取って射位に戻ります。複数人が立ちに入っていると、弓が他の射手にあたる場合がありますので、配慮しましょう。






4.筈(はず)こぼれ

筈こぼれは最もありがちな失です。取懸け後の射の運行中に、矢はずが弦から離れることをいいます。

筈こぼれをした矢は、射直しをしないことが原則です。当然、競技では的中とは認められません。

もちろん、筈こぼれをしないまでに技術があり、仕掛けも十分につくっているはずですが、それでも試合の緊張などによりしてしまうのが筈こぼれです。

筈こぼれをした矢は、その射会の場によって処理が違います。

射礼のときは、介添がいるときは介添が、いない場合は場内の係が取ってくれます。

競技では、退出のときに矢を取ります。

審査の場合は、審査委員長による指示があればそれに従います。

処理の仕方は様々ですが、落とした弓の取り方を覚えておけば、概ね対応できるでしょう。







弓道が驚くほど上達する練習教材

弓道が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも良い成績を残せない!
✓大人で弓道を始めたが伸び悩んでいる
✓弓道部の顧問になったが指導方法が分からない
✓近くに良い指導者がいない
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「弓道が驚くほど上達する練習教材」です。

弓道が驚くほど上達する練習教材は、 元国体チャンピオンや天皇杯覇者などの名人が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に弓道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の弓道が上達する練習教材を紹介します。


  • 弓道上達革命 ~初心者と指導者向け~【天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修】DVD2枚組



    弓道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 中学や高校の弓道部、大人で弓道を始めた人、弓道部の顧問 のために開発された弓道上達プログラムです!

    史上最年少で天皇杯覇者となり、その後インターハイや国体など数々の全国大会で優勝者を育て上げた弓道教士七段「増渕淳人」先生がついに明かす弓道上達の極意が詰まっています!

    しかも、半年以内に弓道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ