早気の主な原因|弓道が上達する練習方法

なぜ早気になるのでしょう。そしてなぜ早気になると的中も射型も整わないのでしょう。今回はそんな早気の主な原因を解説しました。

なぜ早気になるのか気になる方も、なってしまって早くどうにかしたい方も、この主な原因を知って弓道上達への足掛かりとしましょう。


1. 原因はこれだった!早気になる3大原因

その1 左手の安定化

左手の安定化がなぜ早気の原因にと思われたかもしれません。左手の安定がされるのは射型が整ってきているという点では素晴らしいことです。

素晴らしいことなのですが、実はここに落とし穴があります。左手が安定していると、右手が少々悪い離れをしたとしてもちゃんと中るんです。

もちろん自分自身の矢束分を引いておくという最低ラインはありますが、それでも少々の悪い離れではあまり的中が左右されません。

そうすると的中にばかり関心がいってしまい、射型がおろそかになります。中る楽しさにはまってしまうんですね。

その2 的中がある、もしくは的中率の向上

左手の安定化でもお話ししましたが、やはり中ると多かれ少なかれ嬉しく楽しく感じるものだと思います。早気の初期にはよく中る場合があります

そして「次も中ててやろう」と意気込んでくると、自分自身でも不思議と中るとわかっているので早く離れをしたくなります。

この気持ちのはやりを制御できないと早気になります。これはさまざまなタイミングが、たまたまちょうどかみ合っての結果です。

このたまたまちょうどのタイミングがそう続くわけもなく、早気で中らないスパイラルに陥ってしまうのです。

その3 会の軽視

3大原因の最後としてあげたいのが、会の軽視です。これは、会=ただ離れするまでの間、という誤った認識からくることだと思います。

会とは本来左右に伸び続けている(左手なら的方向に押し続ける、右手ならずっと引き続けるような感覚)間のことをいいます。

よって会は単に停滞時間と考えしまうと、会はあってもなくてもいいものと捉えてしまい、早く離れをするようになります。会がなくなれば訪れるのは早気ですね。


2. なぜ早気になると射型が崩れる?

先ほど3大原因として「左手の安定化」「気持ちのはやり」「会の軽視」と解説しました。

ではなぜ早気になると射形が崩れるのか。ここではその理由を解説します。




早気の初期ではあまり自覚がありません。よくあって「少し今までより早いかな」程度です。

そうしてどんどん早気が顕著になって周囲の方に指摘されて、初めてしっかり早気を自覚します。

この段階では射型も様々な個所が崩れていることと思います。早気になると射型が崩れるのは、早気になった際の心理状態が関係します。

早気になると、ある意味雑な引き方でも的中があります。そうなって、中るからいいやと射型の見直し、改善を放棄します。

放棄された射型は本来あるべき呼吸法や、伸びといった様々な要素が削られていきます。

呼吸法が伴わなければ、至る箇所で不自然な力の入り方をします。伸びがなければ、力任せに弓を引くことになります。

不自然な力が入り、力任せに弓を引く行為は、本来の弓道の呼吸法や目に見えない静動的な動きといったものを無くします。

この状態を繰り返すことによって、早気になるとどんどん射型が崩れていくのです。


3. 早気の予防策とは

では早気を予防するための方法はないのでしょうか。実はあるんです。

しかもそれは簡単な方法です。早気の予防法 的中した理由を考えるこれだけです。

少し拍子抜けしてしまったかもしれませんが、的中がある、もしくは的中率が上がると多くの場合自分自身の射型を見直さなくなります。

部分的な「こうしたら中たる」といった程度の見直しはあります。でもその中る以外の見直しが雑になります。残身も雑になります。それは非常に勿体ないことです。

的中したらその的中した理由、もしくは的中が安定している理由を自分なりに考えておきましょう。ここでのポイントは、正確というより自分なりに考えるということです。

この自分なりに考えるというクセを付けておくと、仮に早気になってしまったとしてもある程度自分自身のクセがわかっているので、早くに克服することができます。

誰かのアドバイスをもらったら、それすらも自分なりの解釈を加えておけばいうことなしでしょう。

以上3つにわけて早気の主な原因について解説しました。

原因を知っておけば対処が容易い。それは早気も同じです。早気の主な原因を知っておいて、有事の際には対処できるようにしておきましょう。

そうすることで、さらなる弓道を上達させるための練習に取り組むことができます。







弓道が驚くほど上達する練習教材

弓道が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも良い成績を残せない!
✓大人で弓道を始めたが伸び悩んでいる
✓弓道部の顧問になったが指導方法が分からない
✓近くに良い指導者がいない
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「弓道が驚くほど上達する練習教材」です。

弓道が驚くほど上達する練習教材は、 元国体チャンピオンや天皇杯覇者などの名人が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に弓道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の弓道が上達する練習教材を紹介します。


  • 弓道上達革命 ~初心者と指導者向け~【天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修】DVD2枚組



    弓道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 中学や高校の弓道部、大人で弓道を始めた人、弓道部の顧問 のために開発された弓道上達プログラムです!

    史上最年少で天皇杯覇者となり、その後インターハイや国体など数々の全国大会で優勝者を育て上げた弓道教士七段「増渕淳人」先生がついに明かす弓道上達の極意が詰まっています!

    しかも、半年以内に弓道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ