弓道初段を受けるために早気を治したいと思っているあなたへ

弓道が上達してきたし、昇段審査を受けたいのに、早気が治らない!と困っている人はいませんか?

今回の「弓道初段を受けるために早気を治したい」では、早気を克服する方法をご説明します。


1.弓道の審査で初段を受ける際

昇段審査では、弓道射法八節がきちんと理解できて実践できているか、体配ができるかどうかをみられます。

上位段であれば的中も必要になってきますが、初段では的中までは求められません。

初心者の大学生や一般の方はここから始めることがありますので、まず取得する基本の段だといっていいでしょう。

高校生は級から始める場合もありますが、焦って段を取得しなくてはいけないというわけではありませんよ。

あくまでも、今の実力を簡単に現すときに級や段を用いるのであって、2級でも大会で優勝する人もいますし、2段でも的中が低い人もいますので、一概には言えませんから自分のペースで進めてください。


2. 初段で早気の癖がある場合

さて、昇段審査ですが、初段は、「射形体配型に適って、矢所の乱れぬ程度に達した者」という基準があります。

有段者の方や、先生にはお叱りを受けるかもしれませんが、会は長くなくてはならないとはどこにも書いてありませんよね。

矢所の乱れぬ程度に、ということなので、矢飛びがまっすぐであればよい、と解釈しても良いのではないでしょうか。

かといって、全く会がないと射法八節のひとつを跳ばしているわけですから、少し問題になってくるかもしれません。




矢飛びが乱れる可能性のある離れよりは重要視されないかもしれませんが、早気はあまりかっこいいものではありません。

しかし、もうすでに早気の癖がついてしまっている人は、なかなかこれを回避できません。

では一体どのようにしたら早気が克服できるのでしょうか。


3.審査の前に癖を克服したいと思ったら

はっきり言って、昇段審査の前に早気を治すのは不可能です。

次の審査が、1年後でも厳しいかもしれません。

早気の癖は治りにくく、巻き藁やゴム弓ではできても的前に立つと離れをしてしまう人が多いのです。

よって、完治させることは容易ではありません。

しかし、可能性として、早気を緩和させることはできるかもしれません。

とにかくひたすら的前に立つことです。

まずは矢を持たない状態で一連の弓道射法八節の動作を行ってみましょう。

矢がないので、手を離すと危険ですよね。

危険とわかっていて離す人はいません。

もう一つの方法として、的に自分の大切な物を置くという方法もあります。

生き物は置かないでくださいね。

携帯電話とか、好きなアイドルのファイルとか、中っても良い、でも中ると確実に自分がダメージをうけるものを置くと効果はあります。

伸び合いを感じて引いてもらうのが一番ですが、的にとらわれている人は、頭ではしようと思っても、なかなか行動には起こせないものです。

荒療治ではありますが、上達のためのひとつの手段として参考にしてもらえたらなと思います。







弓道が驚くほど上達する練習教材

弓道が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも良い成績を残せない!
✓大人で弓道を始めたが伸び悩んでいる
✓弓道部の顧問になったが指導方法が分からない
✓近くに良い指導者がいない
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「弓道が驚くほど上達する練習教材」です。

弓道が驚くほど上達する練習教材は、 元国体チャンピオンや天皇杯覇者などの名人が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に弓道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の弓道が上達する練習教材を紹介します。


  • 弓道上達革命 ~初心者と指導者向け~【天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修】DVD2枚組



    弓道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 中学や高校の弓道部、大人で弓道を始めた人、弓道部の顧問 のために開発された弓道上達プログラムです!

    史上最年少で天皇杯覇者となり、その後インターハイや国体など数々の全国大会で優勝者を育て上げた弓道教士七段「増渕淳人」先生がついに明かす弓道上達の極意が詰まっています!

    しかも、半年以内に弓道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ