会で意識すべきこと|弓道が上達する練習方法

会とはなんでしょうか。矢を放つまでの間、もしくはただすぐ離れをしない間と思ってはいませんか。

実はこの会、大切な役割があります。今回は弓道が上達する練習方法として、会で意識すべきこと3つ解説します。


1. 休止状態に見えて休止状態じゃない”会”

会ははたから見ればただ停滞して的を狙っている間のようにも見えますが、見た目は休止状態であるのに対して常に動き続けています。

見るからに動き続けているのではありません。じわりじわりと、上下左右にずっと伸び続けているのです。

的を見据えてじっとしているのが会ではありません。具体的にどういった動作が必要になるのは後述します。

弓道を上達させるために、まずは普段から「会はずっと動き続けている」と考えて練習に取り組んでみてください。

会は何秒保つもの、といった考えは捨てましょう。秒数うんぬんよりも、会で何を意識して動き続けるかがポイントです。

的方向、または射位の方向へ伸び続けるというのは思いのほか難しいです。

どうしても中てたい一心から的方向ばかり意識してしまうためです。そうではなく、的・射位、両方向へ均等にしっかり伸びる。

伸びきって離れが出るまでの間が会なのです。


2. 会にはそれまでの射法八節が現れる

なぜ会にはそれまでの射法八節が現れるのでしょうか。お気づきの方も多いかと思いますが、会とは上半身や下半身だけの動作のみを指しません。

体全体の動作を含めています。下半身といえば足踏み、胴造りが影響します。上半身といえば弓構え、打起し、引分けが影響します。

まとめるとそこに至るまでのすべての動作の集大成が会なのです。だからといって射法八節すべてに意識を向けるのは非現実的です。

まずは会というのはそこに至るまでのすべての動作が影響すると意識をしてください。

意識するところからはじめなければ、あれもこれもと散漫になってしまいます。

会ではそれまでの射法八節が現れる。このように意識しておけば、たとえ会で問題が発見された際にもさかのぼるようにして真の問題にたどり着くことができます。

そうやって弓道を上達させる練習を行っていくのが、上達への定石です。


3. 絶対おさえておきたい会での動作

最後に、会で絶対おさえておきたい動作を解説します。

この動作をしっかりおさえ、普段の練習方法へ組み込んでみてください。




一つ目、両肩を上げずに肩甲骨を寄せる

弓道をはじめたばかりの最大の関門はこの両肩を上げずに肩甲骨を寄せることではないでしょうか。

最大の関門であると同時に、とても重要な動作ですのでしっかり身につけてください。

手軽に両肩が上がらず肩甲骨を寄せた状態を確認するのであるならば次の方法があります。

①両腕を体の後ろへしっかり伸ばす

②肩甲骨が寄っているのをしっかり感じる

③肩甲骨を離さないように気を付けながら両腕を体の横へ戻すように上げる

これは道具を何も必要としないので手軽に状態・感覚確認ができます。

二つ目、肩甲骨は寄せたまま両腕を左右に伸ばす

さきほど状態・感覚確認ができる方法をご紹介しましたが、その際合わせてやっておきたいのが両腕を左右に伸ばすことです。

肘や腕だけで的や射位の方向に伸ばそうとすると限界がありますので、背中の中心から左右に伸びることで肘や腕だけに比べてしっかり伸びることができます。

一人で感覚がわかりにくいときには、仲間に協力してもらって背中の中心から左右の伸ばす方向へ軽く押しのばしてもらうと良いでしょう。

三つ目、呼吸を止めない

一生懸命になるからこそしっかり意識をしておきたいのがこの呼吸を止めないことです。

私たちは集中すると思わず呼吸が浅く短くなりますし、時には呼吸を止めてしまうことさえあります。

それでは十分な伸びがかないませんので、普段通りの呼吸をすることを忘れないよう意識し普段から練習に取り入れることも大切なことです。

四つ目、自分の矢束を引ききる

実は引分けた直後は自分の矢束を引ききってはいません。そのため、会でじわりじわりと引ききる必要があります。

引分けたその場で停滞しておくのではなく、左右にじわりじわりと伸びていく感覚は重要です。

五つ目、ねじりの力をかける

左右に伸びるときにねじりの力をかけましょう。ポイントは左右で異なるねじりの力をかけることです。

ねじるのには理由があって、ねじらないとうまく伸び続けられないのです。

ゴム弓でもいいので、ねじらない時とねじった時の伸びやすさを確認してみてください。

以上会で意識するべきこととして3つ解説しました。

どれも一長一短に身につくものではありませんので、普段の練習の中から取り入れていって弓道上達へつなげましょう。







弓道が驚くほど上達する練習教材

弓道が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも良い成績を残せない!
✓大人で弓道を始めたが伸び悩んでいる
✓弓道部の顧問になったが指導方法が分からない
✓近くに良い指導者がいない
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「弓道が驚くほど上達する練習教材」です。

弓道が驚くほど上達する練習教材は、 元国体チャンピオンや天皇杯覇者などの名人が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に弓道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の弓道が上達する練習教材を紹介します。


  • 弓道上達革命 ~初心者と指導者向け~【天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修】DVD2枚組



    弓道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 中学や高校の弓道部、大人で弓道を始めた人、弓道部の顧問 のために開発された弓道上達プログラムです!

    史上最年少で天皇杯覇者となり、その後インターハイや国体など数々の全国大会で優勝者を育て上げた弓道教士七段「増渕淳人」先生がついに明かす弓道上達の極意が詰まっています!

    しかも、半年以内に弓道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ