弓道における道場のルール

弓道の道場には、弓道家としての基本的なマナーと、道場利用のルールがあります。学生弓道の場合、学校が持っている道場施設を利用したり、あるいは時間単位で貸し切りにして練習することが多いため、きちんと教えられることが少ないと思います。

とはいえ、ルールやマナーは大切ですのでしっかりと押さえておき、どこの道場へ行っても安心できるようにしておきましょう。


1.道場での作法

道場に入ったら、まず神棚に神拝を行います。神棚がない場合でも、上座に向かい一礼します。

これは、ルールというよりも弓道家としての最低限の作法です。

また、道場への入退場の際は、必ず神棚に一礼することが作法です。

そして、道場に居る先生や先輩方にあいさつをします。

見知らぬ方にあいさつをするのはドキドキしますが、是非、積極的に声をかけましょう。そうすると、人と人とのつながりができ、弓道について教えていただく機会も増えていくでしょう。

道場には、一段高くなった審判席があります。時おり腰を掛けている方を見ますが、文字通り審判のための席なので、そういった行為はやめましょう。

弽の着脱は、正座した姿勢で、上座の方に体を向けて行います。これは、武術の世界では自分に敵意が無いことを示すためだといわれています。

神棚に向かって行うのは、不正をしません、という意思表示なのだと思います。

また、他の人の弽や道具に勝手に触るのもNGです。

道場の使用前後には清掃を行います。

初めて使用する道場では、清掃道具がどこにあるかわからないことでしょう。コミュニケーションのためにも勇気を出してたずね、そのままにして帰るなどということがないように心がけて下さい。

弓についてですが、弓は横に寝かせて置くことは決してしません。弓は神聖なものですので、またぐこともしてはいけません。









2.行射での作法

道場では様々な人が引いています。大会へ向けての射込み、射形の矯正、審査の練習など、その目的も人によって様々です。

補足しておくと、射込みは、自分の所属する道場以外で行うことは避けた方が無難ではありますが、周囲の了承があれば良いでしょう。

各々がルールを守り相手を尊重することで、お互いが気持ちよく弓道を楽しむ、それを心がけることがマナーです。

弓を引いたあとは、必ず安土へ向かい、矢取りに行きます。矢取りでは、胸当てや弽は全て外して行きます。

矢取りに安土へ入るとき、2拍します。これは、自分の存在を示し、重大な事故を防ぐためにも必要なことですので、必ず行って下さい。

矢の取り方は、先に的から外れた矢を、ついで、的の外側から中り矢を取り上げます。根元の方を持ち、的がずれたり倒れたりしないよう配慮しましょう。

矢羽を上にし、上座へ向け、矢先は手のひらで受けて安土から退出します。

矢取りはなるべく上位の先生ではなく、下位の人が行います。誰が誰かわからなくても、「自分がやります」という意志を見せる方が気持ち良いでしょう。

ただし、矢所を確認したいという先生もおられますので、了解は取るようにしましょう。

さて、ここからは、武道での暗黙のルールになります。

見取り稽古といって、他の人の射を見学することができるのが、道場利用の利点です。

しかし、自分の師や、範士クラスの上位の人の射を拝見する場合、許可されない限り正座で行います。正面から拝見することも避けましょう。

また、矢乗りといって、狙いをどこにつけているのか、などを見るのもいけません。もちろん、これも見てほしいと依頼された場合はその限りではありません。

ルールやマナーが大変そうだと思うかもしれませんが、他の弓道家と交流することで、作法や射技を学ぶチャンスが増えます。臆せずに道場へ行きましょう。







弓道が驚くほど上達する練習教材

弓道が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも良い成績を残せない!
✓大人で弓道を始めたが伸び悩んでいる
✓弓道部の顧問になったが指導方法が分からない
✓近くに良い指導者がいない
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「弓道が驚くほど上達する練習教材」です。

弓道が驚くほど上達する練習教材は、 元国体チャンピオンや天皇杯覇者などの名人が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に弓道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の弓道が上達する練習教材を紹介します。


  • 弓道上達革命 ~初心者と指導者向け~【天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修】DVD2枚組



    弓道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 中学や高校の弓道部、大人で弓道を始めた人、弓道部の顧問 のために開発された弓道上達プログラムです!

    史上最年少で天皇杯覇者となり、その後インターハイや国体など数々の全国大会で優勝者を育て上げた弓道教士七段「増渕淳人」先生がついに明かす弓道上達の極意が詰まっています!

    しかも、半年以内に弓道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ