手の内の崩れを克服する | 弓道が上達する練習方法

弓道初心者に必要とされているのは、最初から正しい手の内の作り方を理解して、しっかりと習得することになります。この正しい手の内を身につけることが、射法・射技を正しく習得するうえで重要であり、弓道上達のためのポイントとなるでしょう。


1.手の内の正しい形を覚える

弓道の手の内で、最も大切なことは、弓を握ることではなく、弓を支えて押すことにあります。

手の内は、射法八節の弓構えから会に至るまで連続した動作になるので、最初に正しく手の内をととのえることが、非常に重要になってくるのです。

手の内には、正面打起こしの手の内と、斜面打起こしの手の内の二種類があります。

正面打起こしの手の内は、礼射系で、バランス型で命中度を高める弓の握り方といわれています。

正面の手の内は、大三に入る時に手の内を動かさなければならないため、手の内が入りすぎたり、入らなかったりする場合があり、斜面打起こしの手の内よりも難しいといわれています。

正面の手の内では、虎口を弓にあて、天紋筋を弓の外竹左角にあてる感覚をしっかりと覚えるにします。

左手首は、無理がないように自然に保つようにしましょう。

中指・薬指・小指の三本がほぼそろうようにととのえ、指先には力を入れないで、やわらかく保つようにします。

斜面の手の内は、武射系で、パワーを重視した、完成させやすい合理的な弓の握り方になります。

最初から手の内を作っておいて、大三で変えることはないので、的中が高くなります。

斜面の手の内では、弓に虎口をあてて手の皮を巻き込むようにして、天紋筋を外竹角にあてて、小指を親指に近づけるようにします。

三本の指が揃うように、薬指・中指の順で握り、爪揃えをよくととのえます。

形がととのったら、特定の部分に力を入れずに、全体をやわらかく保ちます。

斜面の手の内は、完成形の手の内なので、この形が最後まで変わらないように注意しましょう。





2.手の内が崩れてしまう原因を知る

弓構えで手の内をととのえるときには、正面の手の内も、斜面の手の内も、左手の手首や握り方に不要な力をいれてしまわないようにすることが大切になります。

手の内には、中押し、上押し、下押し(ベタ押し)の三種類があります。

弓への力の入り方や動きを円滑にするためにも、できるだけ中押しの形に近づけるようにすることが大切になります。

中押しは正しい手の内を作り、力まずにその形を維持することが必要です。

特に、親指や角見のきかせ方、手のひらのあて方などを何度も練習しましょう。

大三で決まった手の内を崩さないように引分けていきます。

手の内を、前からだけでなく後ろからも見て、親指と人差し指の皮が弓を巻き込んで、中押しの状態になっているかを確認しましょう。

弓道初心者では、手の内が崩れてしまうとことがよく見られます。

多く見られるのは、親指が崩れてしまう手の内です。これは、虎口に意識が入り過ぎている場合が多いので、ここでは、小指の方に意識を移すようにして、小指の握り方を意識して練習することで、改善することが可能でしょう。

また、弓返りを意識し過ぎる場合に、離れで手首を折って手の内を崩してしまうことがあるようですが、これは、手の内がととのうと、自然に弓返りは起こるもので、特に重要視はされてはいませんので、まずは、弓構えでととのえた手の内を残心まで保つことを意識していきましょう。

手の内の作り方は流派や個人の考え方により様々あります。

手の内の作り方には、それぞれ長所短所があるので、それをわきまえて習得すべきだと思います。

教本で理論を読んだだけでは、なかなか理解することは難しいでしょう。

指導者に指導を仰ぎ、日々研究、練習を繰り返して、正しい手の内を習得して弓道の上達を目指しましょう。







弓道が驚くほど上達する練習教材

弓道が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも良い成績を残せない!
✓大人で弓道を始めたが伸び悩んでいる
✓弓道部の顧問になったが指導方法が分からない
✓近くに良い指導者がいない
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「弓道が驚くほど上達する練習教材」です。

弓道が驚くほど上達する練習教材は、 元国体チャンピオンや天皇杯覇者などの名人が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に弓道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の弓道が上達する練習教材を紹介します。


  • 弓道上達革命 ~初心者と指導者向け~【天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修】DVD2枚組



    弓道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 中学や高校の弓道部、大人で弓道を始めた人、弓道部の顧問 のために開発された弓道上達プログラムです!

    史上最年少で天皇杯覇者となり、その後インターハイや国体など数々の全国大会で優勝者を育て上げた弓道教士七段「増渕淳人」先生がついに明かす弓道上達の極意が詰まっています!

    しかも、半年以内に弓道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ