早気は治すのに時間がかかる? | 弓道での癖

弓道で癖がついてしまった人はいますか?

早気は会が無い状態をいいますが、これが癖になっている人は治すのに時間がかかるといいます。

今回の「早気は治すのに時間がかかる?」では、なぜそのように言われるのかについて考えてみましょう。


1.弓道で早気になる理由

そもそも、なぜ早気になるかご存じですか?

早気は、弓道を始めてすぐの頃はでてきません。

少し上達してきて、あずちまで矢が届くようになると中りがほしくなってきますよね。

この中りこそが、早気になる一番の原因だと考えられています。

「的に中てたい」と思うと、射法八節のなかで一見止まっているように見える会は邪魔になってくるのです。

全員がこう思うわけではありませんが、はやる気持ちが会を待てなくしています。

ほかにもあげられる理由としては、顔や腕を払ったことによる恐怖心、弓力を上げたために力が続かなくなったことや大会が近づいた焦りなどが考えられます。


2. 早気は治せる

どんな理由で早気になったとしても、治すことはできます。

しかし、とても時間がかかります。

会が全くない状態の早気は完治するのが難しいです。

学生時代に1人だけ早気を治した人がいますが、陰ながら努力をしていたのでしょう。

練習中には早気で悩んでいるという素振りをみせず、気がつけば一番長い会を持っていました。

その人はとうとう最後まで、どうやって早気を克服したのかを教えてはくれませんでしたが、早気は治るのだと知りました。


3.早気を治すための練習方法

前項で挙げた中で、的に中てたいという気持ち以外が原因の場合、早気は治しやすいです。




まず、顔や腕を払ったことによる恐怖心は、打ち起こしから手の内を意識することで変わります。

左右の手の力が均等に分かれていないと、うまく弓がひねらずに払うことになりますので、大前提として会が理由なわけではありませんから、早気は治ります。

次に、弓力を上げたために力が続かなくなった場合は、必ずその弓で引かなくてはならない状態であれば筋力アップを図れば良いし、そうでないなら弓を元に戻してもいいかもしれません。

いきなり弓力を上げるのではなく、今日は2射、今日は4射とすこしずつ体を慣らしていけば、無理をすることはないかと思います。

では最後に、的に中てたい気持ちが原因の場合ですが、これはもはや技術面だけではどうしようもない部分があります。

高校時代の練習内容として、的を小さくするというのがありました。

的を小さくすると、早気の人はほとんど中りません。

まぐれで中ることがあっても、会をしっかり保てている人の方が格段に的中がありました。

的が小さいので、矢を引ける本数もいつもよりも少なくなるし、ひとつひとつを丁寧にしようとするため、必然的に会が長くなるのです。

ほかにも、会があきらかに短い状態での中りは中りにカウントしないという決まりを設けたこともありました。

なかば強引ですが、早気は相手を思って言っても、最終的には本人のやる気次第な面がありますから、そういった手段も必要かもしれません。

全員の射の上達や、結果として的中率の向上につながりますから、参考にしてみてください。







弓道が驚くほど上達する練習教材

弓道が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも良い成績を残せない!
✓大人で弓道を始めたが伸び悩んでいる
✓弓道部の顧問になったが指導方法が分からない
✓近くに良い指導者がいない
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「弓道が驚くほど上達する練習教材」です。

弓道が驚くほど上達する練習教材は、 元国体チャンピオンや天皇杯覇者などの名人が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に弓道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の弓道が上達する練習教材を紹介します。


  • 弓道上達革命 ~初心者と指導者向け~【天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修】DVD2枚組



    弓道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 中学や高校の弓道部、大人で弓道を始めた人、弓道部の顧問 のために開発された弓道上達プログラムです!

    史上最年少で天皇杯覇者となり、その後インターハイや国体など数々の全国大会で優勝者を育て上げた弓道教士七段「増渕淳人」先生がついに明かす弓道上達の極意が詰まっています!

    しかも、半年以内に弓道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ