弓道の離れと押し手について

弓道の離れという動作は、一瞬で起こる現象です。一生懸命に会を持続させることに夢中になり、離れでは一体何が起きているのか、という問いはしばしば置いていかれがちです。

ここでは、弓道の離れという現象について、押し手を中心に解説していきます。


1.離れとポイント

弓道の離れとは、会での溜めたエネルギーを一気に放つ瞬間です。この一瞬の出来事で一体何が起きているかを学ぶと、将来、中りや射癖で悩んだとき、それを解決するヒントになります。

押し手は、弓の抵抗がもっともかかるところです。かかる負担が大きいため、歪みや押す方向のズレが出やすい箇所です。

そのためか、引き手に比べて「押しが負けている」と注意を受けることも多く、人によっては、押しで中りが変わる、と押しを過剰に重視したりします。

押し手の上達に必要な動きは三つあります。

一つ目は、押し手(弓手)は手の内を崩さないこと。

二つ目は、会から離れの間で、人差し指を開く(伸ばす)こと。

三つ目は、小指の付け根をゆるめず、締め上げること。

一つ目にあるように、手の内を崩さないためには、腕の力のみではとても弓の力に対抗できません。ましてや、手の内を崩さずには臨めません。

大切になってくるのは、肩の動きで押し手を助けることです。そのためには、肩をとにかく落とします。

しかし、ただ肩を落とそうとしても、既に弓の力がかかっているので、落とすことは容易ではありません。

肩甲骨がここでも大切になってくるのですが、左右の肩甲骨をぐっと押しつけ合うように働かせると、肩は平らになります。

しかし、このままではまだ足りません。

そこで、二つ目のポイントにあるように、人差し指を開き(伸ばし)ましょう。




肩を落とすだけだと肘が後ろに倒れてしまいますが、人差し指を開こう、開こうとすると肘も引っ張られ、肘が起きるようになります。同時に親指が真っ直ぐに向かうと成功です。

そして、三つ目のポイントであるように、小指の付け根を締め上げましょう。

人差し指を開き、親指が的に向かうのはもちろん大事ですが、それだけでは、手首が下方向に折れ、手の内の下部、天紋筋がズレてしまいます。また、その荷重も下方向にかかりやすくなるため、矢所は的の下方へ散ります。

負けないように、グッと締め上げて下さい。

ここで注意すべき点は、締めるのであって、握るのではないということです。握ると矢は的の上方向へ散りやすくなります。

小指の第三関節付近が痛む、または豆になる方は、握り過ぎを疑った方が良いでしょう。


2.角見の働き

弓道において、矢が真っ直ぐ飛び、美しい弓返りができるか―それは角見の働きが大きく関わります。角見は親指の根元のことで、軽く手を広げると、膜のように柔らかい部分です。

角見の利いている離れというのは、角見が矢という物体を発射させる運動の支点となっているものです。イメージとしては、角見を中軸とし、小さな円を描いているような動きをしている感じです。

その中心軸が不確かだと、あたかも空回りを起こし、矢所は定まらず、散ってしまうでしょう。弓道の上手な人は無駄なエネルギーがなく、小さく動きがまとまっています。

昔の人は、離れという動作は、弦が元の状態へ戻ろうとする力によるもので、角見の働きで弦が矢を押すと考えていました。

ゆえに、上達のためには、引き手はただ矢を見送るだけにとどめ、押し手は積極的に送り出すよう、角見を働かせましょう。







弓道が驚くほど上達する練習教材

弓道が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも良い成績を残せない!
✓大人で弓道を始めたが伸び悩んでいる
✓弓道部の顧問になったが指導方法が分からない
✓近くに良い指導者がいない
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「弓道が驚くほど上達する練習教材」です。

弓道が驚くほど上達する練習教材は、 元国体チャンピオンや天皇杯覇者などの名人が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に弓道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の弓道が上達する練習教材を紹介します。


  • 弓道上達革命 ~初心者と指導者向け~【天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修】DVD2枚組



    弓道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 中学や高校の弓道部、大人で弓道を始めた人、弓道部の顧問 のために開発された弓道上達プログラムです!

    史上最年少で天皇杯覇者となり、その後インターハイや国体など数々の全国大会で優勝者を育て上げた弓道教士七段「増渕淳人」先生がついに明かす弓道上達の極意が詰まっています!

    しかも、半年以内に弓道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ