会での早気とは? | 弓道射法八節

弓道は、自分は上達してきたと思っても、次から次に課題が出てくるものです。

そのなかには直りにくくなる癖となって私たちの前に立ちはだかるものがあります。

今回の「会での早気とは?」では、会における早気についてご説明します。


1.弓道での早気とは

そもそも早気とは、「はやけ」と読み、射法八節の会で、幾秒も持たない場合や無い状態のことをいいます。

実は、誰でもなり得るのがこの早気の癖です。

私の学生時代の後輩に、十数秒必ず会があり、的中もよい選手がいました。

しかし、私を含めた3年生が引退した途端、それまでが嘘だったかのように会が無くなってしまいました。

本人は、「なぜか待てなくなった」といっていました。

このように、知らず知らずのうちに、本人も理由がわからないということもあるようです。


2. 会が早気になる理由

早気になる理由として、以下のようなものがあげられます。

「会が短い(無い)状態でも、的中がある場合」

「会そのものが怖い」

「離すことが条件反射になっていて止めることができない」

というものです。

個人差があるので、ほかにも理由がある人もいるとは思いますが、今回はこの3つを取り上げます。

「会が短い(無い)状態でも、的中がある場合」は、会を持とうと思えば持てる人が多いです。

しかし、「待てない」と思っていることと、「待っても中らない」と心のどこかで思っている場合があります。

私自身も早気でした。

少しは待てましたが、待っても3秒でした。

それ以上はもう待てないし、的があると早く離したいという気持ちが先に来ました。




しかも、体力や持久力があるほうではなかったので、会を保つ力が無く、練習で5秒会を持たせようものなら、矢飛びはふらふらで的にまで届かなかったように記憶しています。

次に、「会そのものが怖い」という場合です。

口元に矢がきたら、恐怖から手を離してしまうというものです。

当時は弓道を行う者としてそれはどうなんだろうと思っていましたが、意外と多いようです。

最後に、「離すことが条件反射になっていて止めることができない」ような人ですが、本当に癖になっていて、1秒たりとも持たない場合です。

「会そのものが怖い」という人と似ていますが、この場合は恐怖心は関係ありません。

なぜかわからないけど、というのが、かなり厄介なところです。

しかもこの3つに共通していえるのが、それでも的中があるということです。

多くの場合が、この癖がついていても的に中ってしまうのです。

中らなければ、なにがなんでも治そうと努力したり、勉強したりするものですが、的中があることで、「ま、いっか」と思わせてくるのです。


3.早気になったら

早気になったら、根気強く治さなくてはなりません。

高校時代であれば、3年間ほどしかないので的中が急激に落ちるときはそう滅多にはきませんが、社会人で長く続けようと思うのであれば、今は的中があっても、的に中らなくなるときがきます。

そうなってからでは、中らないし、会はきつい、もしくは弓道はきついと思ってしまうかもしれません。

会が足りないのではないかと思うようになったり、人から言われるようになったら、癖になってしまう前に対処すると、ぐっと上達が近づきます。







弓道が驚くほど上達する練習教材

弓道が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも良い成績を残せない!
✓大人で弓道を始めたが伸び悩んでいる
✓弓道部の顧問になったが指導方法が分からない
✓近くに良い指導者がいない
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「弓道が驚くほど上達する練習教材」です。

弓道が驚くほど上達する練習教材は、 元国体チャンピオンや天皇杯覇者などの名人が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に弓道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の弓道が上達する練習教材を紹介します。


  • 弓道上達革命 ~初心者と指導者向け~【天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修】DVD2枚組



    弓道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 中学や高校の弓道部、大人で弓道を始めた人、弓道部の顧問 のために開発された弓道上達プログラムです!

    史上最年少で天皇杯覇者となり、その後インターハイや国体など数々の全国大会で優勝者を育て上げた弓道教士七段「増渕淳人」先生がついに明かす弓道上達の極意が詰まっています!

    しかも、半年以内に弓道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ