弓道での会での伸び合いが上達する練習方法

弓道をはじめてある程度安定して弓を引けるようになったら、次のステップとして”伸び合い”を普段の練習から取り入れることをおすすめします。

伸び合いは会で行うものだという話は聞いたことがあるかもしれません。

ではその伸び合いとは一体どのような練習をすれば身につくのでしょうか。

今回は弓道の会の重要項目、伸び合いについてと、伸び合いが上達する練習方法までを解説します。


1. 会での伸び合いが必要な理由

ある程度安定して弓が引けるようになった頃、こんな風に考えたことはありませんか。

もっと矢飛びが良くなればいいのに。

もっと矢所が安定すればいいのに。

この2つの思いを叶えるヒントが、会での伸び合いにあります。

会で行うこの動作は、左右に伸び続けることをいいます。

左手は的方向へ伸び続け、右手は的と反対方向へ伸び続けます。

お互い反対方向へ伸び続けることから、”伸び合い”となります。

会はじっとただ止まっているだけの時間ではなく、体の芯から左右にじわーっと伸び続けている時間です。

このじわーっと伸び続けて伸び続けて、満を持して離れになります。

逆にいえば、じわーっと伸び続けないと矢の勢いがチャージできず矢飛び・矢所が不安定になります。

伸び続けることは、体の力を弓へ伝える重要な動作です。

だからこそ、会での伸び合いが必要となるのです。


2. 伸び合い練習の前に押さえておきたい!胸を開く感覚をつかむためのトレーニング

突然ですが、左右に腕を伸ばし続けてください。

限界まで伸ばしきったら伸ばした位置をキープしたまま、左右の肩の位置を確認してください。

なんだか盛り上がっていませんか。

弓道では打起しといった腕を上げる動作においても肩は上げません。

そのため、とりあえず左右に腕を伸ばすんだなと思ってしまうと、本来の伸び合いになりません。

伸びは腕だけでなく、肩甲骨から肩、そして腕へと3箇所を使って行います。

これは左右どちらも同じことが言えます。

肩甲骨や肩から伸びようとした時に、胸を開いていることが伸びやすくする条件となります。




そこで、胸を開く感覚をつかむトレーニングとして、肩甲骨を寄せたまま腕を会の状態に持っていくようにします。

肩甲骨を寄せた状態の感覚をまずつかむことで、伸びることをスムーズにできます。

具体的なやり方は次の通りです。

1).両腕を開き、肩の高さくらいまで上げます。

2).広げた腕を体の側面より後ろ側に持っていきます。この時左右の肩甲骨が寄っていることを意識します

3).寄せた肩甲骨をなるべく離さないようにして、両腕を会の状態に持っていきます。

この寄せた肩甲骨を離さないようにして会の状態を作ることで、胸の開いた伸びやすい状態の感覚をつかむことができます。


3. 伸び合いが上達する練習方法

胸を開き肩甲骨を寄せる感覚がわかったら、いよいよ実際の練習で伸び合いを練習していきます。

練習の流れを書くと次のようになります。

1).ゴム弓で肩甲骨を寄せたまま伸びる練習

2).素引きで肩甲骨を寄せたまま伸びる練習

3).実際に弓を引いて肩甲骨を寄せたまま伸びる練習

1~3の流れで徐々に負荷をかけていくようにします。

なぜかといえば、まずは何も持たない状態で確認した肩甲骨を寄せた感覚では、実際に弓の負荷がかかったときに感覚が違いすぎるためです。

徐々に負荷をかけていくことで、負荷の具合による伸び方の違いを知ることができます。

そして1の練習をするときから、肩甲骨、肩、腕と順番に伸ばしていくイメージを持つようにします。

一気に伸びようとすれば、一部分だけしか伸びきらず、体の中心からの伸びる力を弓に完全に伝えきれません。

伸びる力を弓に伝えきるためにも、肩甲骨、肩、腕と順番に伸ばしていくイメージを持って練習をしていきましょう。

注意点としては、本当に肩甲骨、肩、腕と順番を追って伸ばすのではなく、あくまでイメージだということです。

以上3つのパートにわけて、伸び合いについてと、伸び合いが上達する練習方法を解説しました。

この伸び合いができるようになれば、技術がかなり上達しているといえます。

普段の練習からしっかり意識して、伸び合いを身につけていきましょう。







弓道が驚くほど上達する練習教材

弓道が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも良い成績を残せない!
✓大人で弓道を始めたが伸び悩んでいる
✓弓道部の顧問になったが指導方法が分からない
✓近くに良い指導者がいない
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「弓道が驚くほど上達する練習教材」です。

弓道が驚くほど上達する練習教材は、 元国体チャンピオンや天皇杯覇者などの名人が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に弓道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の弓道が上達する練習教材を紹介します。


  • 弓道上達革命 ~初心者と指導者向け~【天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修】DVD2枚組



    弓道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 中学や高校の弓道部、大人で弓道を始めた人、弓道部の顧問 のために開発された弓道上達プログラムです!

    史上最年少で天皇杯覇者となり、その後インターハイや国体など数々の全国大会で優勝者を育て上げた弓道教士七段「増渕淳人」先生がついに明かす弓道上達の極意が詰まっています!

    しかも、半年以内に弓道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ