弓道初心者におすすめの練習方法

弓道をはじめたばかりだと、なにかと新鮮なことが多いのではないでしょうか。

弓具の名前はもちろん、道具一式の取り扱い方、道場内での作法など言い出したらキリがないほどのことが新鮮であると思います。

作法や道具の取り扱いといったことは、先輩や指導者といった方々に教えてもらったり、または自分自身で調べたりしても知ることができます。

知識を増やすのはいいことですが、気を付けたいのがいくら知識を増やしても技術面は身につかないということです。

技術面は普段の取り組みの中でこそ磨かれていきます。

今回は弓道初心者の方におすすめできる練習方法3選として解説していきます。


1. 弓道をはじめて間もない方におすすめ|シャドートレーニング&ゴム弓

弓道をはじめて間もない方におすすめできるのは、【 シャドートレーニング 】と【 ゴム弓 】です。

シャドートレーニングとは、弓具やゴム弓といった一切の道具を使わずに射法八節を行う練習方法です。

射法八節は弓を引くためのとても大切な動作であり、同時に弓道の基礎でもあります。

大切な基礎ですので、道具を使わない状態でもきちんと行えるように繰り返し練習をします。

そして、道具もなにもなくてもきちんとできるようになったら、今度は【 ゴム弓 】を使って射法八節を繰り返し練習することをおすすめします。

ゴム弓を使っていると、何も持っていない時に比べて肘の張りの重要性などに気づいていけます。

どちらもはじめて間もない頃の基礎固めにはちょうどいい練習方法ですので、ぜひ取り入れてみてください。


2. 巻き藁など矢をつがえて弓を引ける方におすすめ|筋力向上トレーニング

ゴム弓、素引き、巻き藁と順調に過程を経て、矢を番えて弓を引けるようになった方におすすめしたいのが【 筋力向上トレーニング 】です。

筋力向上とは書きましたが、つまりは”筋トレ”がおすすめしたい練習方法です。

筋骨隆々というまでの筋肉は不要ですが、やはり弓道でも筋力は必要な力です。

特に鍛えたい筋肉が、【 背筋 】【 腹筋 】【 上腕三頭筋 】です。

この3つの筋力のうちどれかが弱い、またはどれもが弱いとなると、基本姿勢が崩れる、体全体で弓を引くことができなくなるという可能性があります。




弓道上達のための基礎体力作りとして、週3~4日の筋トレがおすすめの練習方法です。

ポイントとしては、毎日筋トレをするのではなく、1日くらい間を空けてトレーニングをすることです。


3. 的場で一人で引ける方におすすめ|手の内の基礎固め

もう的場で一人で引けるようになった方におすすめしたい練習方法は、【 手の内の基礎固め 】です。

手の内は弓を引く上でとても重要なものであると同時に、習得するのが難しいです。

流派や指導者によって手の内の作り方は異なりますが、正面・斜面の射形にかかわらず押さえておくべき点があります。

それが、”天文筋”と”角見”です。

手のひらを軽く曲げると、人さし指と中指の間から小指の下側にかけてしっかりした線が入るかと思います。

そのしっかりした線が”天文筋”です。

弓道初心者であるころは、よくこの天文筋が弓の握り側面からズレてしまうことがあります。

小指と天文筋との間にマメができている方は、小指でしっかり握りを握っているか、または握りの大きさがあっているのかを今一度確認してみるといいかもしれませんね。

次に”角見”です。

これは親指の付け根部分をさします。

角見を利かす、と、見聞きしたことがあるかもしれません。

その角見を利かすとは、親指の付け根部分で弓の握りを的方向へねじり込む力をかける、という意味になります。

言葉で表現してしまうと簡単そうに思えてしまうかもしれませんが、実際にやってみると角見を利かす感覚をつかむのに苦労するかもしれません。

手の内の作成では必ず虎口を巻き込みますが、巻き込みすぎると今度はうまく角見が利かせられません。

そういったうまい塩梅を見つけるために、一人で引けるようになった時だからこそおすすめしたいのが【 手の内の基礎固め 】です。

具体的には、握り付のゴム弓を使って手の内の作り方を練習する、素引きで実際の弓の負荷をかけながら手の内の変化をチェックするといったことが練習方法になります。

以上、弓道初心者の方におすすめできる練習方法3選として3つの練習方法を解説しました。

一口に初心者といえども、到達しているレベルは個人差があります。

それぞれの到達レベルに応じて行う練習を少しずつ変えていって、さらなる弓道上達を目指していきましょう。







弓道が驚くほど上達する練習教材

弓道が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも良い成績を残せない!
✓大人で弓道を始めたが伸び悩んでいる
✓弓道部の顧問になったが指導方法が分からない
✓近くに良い指導者がいない
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「弓道が驚くほど上達する練習教材」です。

弓道が驚くほど上達する練習教材は、 元国体チャンピオンや天皇杯覇者などの名人が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に弓道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の弓道が上達する練習教材を紹介します。


  • 弓道上達革命 ~初心者と指導者向け~【天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修】DVD2枚組



    弓道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 中学や高校の弓道部、大人で弓道を始めた人、弓道部の顧問 のために開発された弓道上達プログラムです!

    史上最年少で天皇杯覇者となり、その後インターハイや国体など数々の全国大会で優勝者を育て上げた弓道教士七段「増渕淳人」先生がついに明かす弓道上達の極意が詰まっています!

    しかも、半年以内に弓道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ