弓道で必要な筋肉とそれぞれの役割

弓道は他のスポーツと違って、体力に合わせて弓力を調節できるため、老若男女問わず楽しむことができる、日本古来の武術のひとつですが、完成された動作には高い芸術性があるものです。

美しい弓術は自然体を保つための筋肉と役割を理解する必要があります。


1. 弓道の基本の姿勢は全ての動作につながる

弓道は的に中てるといった動よりも、静から生まれる所作の美しさを追求する武術でもあります。

ひとつひとつの動作を正しく型として再現するためには、もちろん筋力も必要です。

また、激しい動きがない分、基本の姿勢はとても大切なもので、普段の生活や、一般的なスポーツでは使われない筋肉を多く使うことが知られています。

弓道のための筋肉は、弓を射ることによって増強をはかることができますが、筋力トレーニングのように、道具を使用することなどでも筋力アップは可能です。

弓道を上達させていくために必要な筋肉は、正しい射法を身につけることにもつながるので、的中も上げることができるでしょう。


2. 弓を射る時に使う筋肉を意識する

正しい射形を身につけるためには、基本の動作を力みすぎることなく、一連の流れとして作るためのバランスのとれた筋肉が必要となってきます。

特に弓道に必要なのは体幹の強さでもあります。

鍛えられた筋肉は背筋を伸ばし、体がぶれずに、美しい所作を生み出すことができるのです。




弓道で使われる筋肉は、伸筋である上腕三頭筋と、大胸筋や背中側の筋肉が多く、日常生活ではあまり鍛えることができない部分でもあるため、意識して筋力アップに努める必要があります。

また、腹筋や下半身の筋肉は重心を保つために必要となってきます。


3. 効果的な筋トレ方法で上達を図る

ここでは、自宅で無理をしないで、手軽にできる筋トレ方法をご紹介します。

腕立て伏せは、大胸筋と上腕三頭筋を鍛えることができます。

スクワットは下半身を鍛えることができます。正しい姿勢で行わないと膝を傷めることもあるので、その点は注意してください。

ゴムボールやテニスボールを使って、握力を鍛えられます。これは、テレビを見たり、本を読んだりしながらでもトレーニングもできるでしょう。

また、下半身と体幹を同時に鍛えることができるのはバランスボールです。ボールの上に椅子に腰かけるように座り、バウンドをすることから始めて徐々に難易度を上げていくのがいいでしょう。

これらの筋トレで大切なのは少しずつ毎日続けることにあります。また、練習で疲れた筋肉をストレッチでクールダウンすることも必要です。

体幹を鍛えることによって、姿勢が良くなり、所作も美しくなる相乗効果も期待できます。

大切なのは、少しずつ毎日続けることにあります。







弓道が驚くほど上達する練習教材

弓道が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも良い成績を残せない!
✓大人で弓道を始めたが伸び悩んでいる
✓弓道部の顧問になったが指導方法が分からない
✓近くに良い指導者がいない
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「弓道が驚くほど上達する練習教材」です。

弓道が驚くほど上達する練習教材は、 元国体チャンピオンや天皇杯覇者などの名人が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に弓道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の弓道が上達する練習教材を紹介します。


  • 弓道上達革命 ~初心者と指導者向け~【天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修】DVD2枚組



    弓道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 中学や高校の弓道部、大人で弓道を始めた人、弓道部の顧問 のために開発された弓道上達プログラムです!

    史上最年少で天皇杯覇者となり、その後インターハイや国体など数々の全国大会で優勝者を育て上げた弓道教士七段「増渕淳人」先生がついに明かす弓道上達の極意が詰まっています!

    しかも、半年以内に弓道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ