坐射の体配を習得する | 弓道が上達する練習方法

先の章で弓道の体配における立射礼についてお話ししましたが、ここでは、体配のもうひとつの種類である、坐射礼を理解して習得して弓道の上達を目指していきましょう。


1.坐射を理解しよう

弓道において、体配の重要性はこれまでにもお話ししてきましたが、体配は弓道を上達させるためにも大切なポイントとなります。

弓道競技の体配では、「立射」と「坐射」の2種類の型があります。

立射礼は、体配が簡略にまとめられたものであるので、弓道初心者でも比較的習得しやすいものです。

試合では立射形式で行なうことも多いので、しっかりと手順を理解して習得することが大切になります。

もう一方の体配の型である、坐射は弓道の体配のすべて、座り方、跪座(きざ)、座ったままの回り方、歩き方といった基本動作のすべてがつまった体配になります。

このような、座りながら、座る動作一連の動きを覚える必要があります。

さらに、甲矢と乙矢というものがあります。

坐射は、昇段審査の評価に用いられているので、確実に習得しておきましょう。


2.息合い(呼吸)に気を配る

まず、坐射の体配の手順を覚えましょう。

坐射礼は体配のすべてが含まれているので、手順を覚えて確実に行なうのは簡単なことではありません。

また、動くことに気を取られ過ぎてしまい、動作がぎこちなく不自然になってしまうことになるでしょう。

これは、毎日少しづつ、繰り返し練習を行なうことが大切になります。

何度も繰り返して練習することで、実際の競技では無意識にでもできるように体に染み込ませるつもりで行ないましょう。

坐射の手順を簡単に説明します。

まず、本坐から射位へ移動します。立射は、立ったまま矢を番えますが、坐射では射位で一度坐り、坐った姿勢で矢を番える動作を行ないます。

本坐で執弓の姿勢で跪坐して揖を行ないます。




腰を切り、立ち上がり三歩で射位まで進みます。

射位でもう一度跪坐し、腰を切りながら弓の末弭を目の高さにあげます。

開き足で上座へ向きを変え、再度跪坐をします。弓の末弭は顔の正面で維持します。

甲矢を番えて乙矢を左手で持ちます。

腰を切りながら、甲矢が目の高さ二程度になるように弓と矢をあげます。

そのままにして立ち上がり、足を揃えて的を見ます。

左足を半歩、的方向に出し下を見て右足を踏み開き、足踏みを定めます。

胴造りが完了したら、弦調べに移り、そこから、射法八節の動作を残心まで行ないます。

一本目の行射が終了したら、跪坐に移り、二本目の矢を番えます。

その後、甲矢と同じように行射します。

だいぶ、手順を省略してしまいましたが、ここで詳しく説明するよりも、実際に動画や、上級者、指導者の体配を見て、ひとつひとつの動作を確認した方がわかりやすいと思います。

坐射の体配の手順を覚えるのと同時に常に気をつけておきたいのは、息合い(呼吸)になります。

体配は種類が多く、覚えるのも大変ですが、ひとつひとつの動きは呼吸と密接に関連しています。

また、呼吸に合わせて動作を行なうことで、「間合い」を保つことができ、この「間合い」が、動作を正確にきれいに見せてくれる効果を生み出すのです。

ただ、やみくもに体配を行なうのではなく、一呼吸に一動作というように意識して行ないましょう。

呼吸は静かにゆっくりと長くすることを意識することで、動作のひとつひとつにメリハリが出てきます。

弓道は、ただ的中をあげればいいものではありません。

体配の動作を丁寧に気を込めて行なうことで、品格や礼節があらわれます。

礼に始まり、礼に終わるのが弓道の醍醐味でもあります。

弓道の体配はたくさんの種類がありますが、少しずつ身につけていくようにしましょう。それが弓道上達へつながることになるでしょう。







弓道が驚くほど上達する練習教材

弓道が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも良い成績を残せない!
✓大人で弓道を始めたが伸び悩んでいる
✓弓道部の顧問になったが指導方法が分からない
✓近くに良い指導者がいない
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「弓道が驚くほど上達する練習教材」です。

弓道が驚くほど上達する練習教材は、 元国体チャンピオンや天皇杯覇者などの名人が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に弓道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の弓道が上達する練習教材を紹介します。


  • 弓道上達革命 ~初心者と指導者向け~【天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修】DVD2枚組



    弓道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 中学や高校の弓道部、大人で弓道を始めた人、弓道部の顧問 のために開発された弓道上達プログラムです!

    史上最年少で天皇杯覇者となり、その後インターハイや国体など数々の全国大会で優勝者を育て上げた弓道教士七段「増渕淳人」先生がついに明かす弓道上達の極意が詰まっています!

    しかも、半年以内に弓道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ