弓道の打起しが上達する練習方法

打起しとは、弓を引き分ける前に、左右の両こぶしを頭上に上げる動作のことを指します。

正面打起し法と斜面打起し法の二通りがあり、その位置は異なります。


1.正しい打起しのポイントとは

弓道における打起しには、正面打起こしと斜面打起こしの二つの方法があることは、先にも述べましたが、いずれも胴造りを崩さず取懸け、手の内の形を変えず、肩を楽に落として行ないます。

矢はほぼ水平とし、体とおおよそ平行になるのは、両者共通のポイントとなります。

また、正面打起しであっても斜面打起こしであっても、呼吸(気息)をしっかりと整えて、呼吸に合わせて打起します。次の動作の引分けへスムーズに移行できるように、緊張感をもった構えとなるのが望ましいとされています。

両肩は沈めたままで、腕の高さの角度は45度を標準とします。


2. 打起こしの時に出やすい射癖

打起しの動作も、視線は的を見たまま行なうので、射癖が出やすくなりますので、ひとつひとつの動作を確認しながら、早めに射癖を直して正しく練習を重ねることが大切です。

正面打起しでの矢の向き両肩とほぼ水平にならない場合、矢先が上がり過ぎる時には、両こぶしを水平にしていると考えられるので、左こぶしをやや下げる心持ちで、矢が水平になるようにします。

反対に、矢先が下がり過ぎる時は、矢先の水流れを意識し過ぎた場合や、矢番えの位置が高すぎる場合に起こりやすくなります。常に円相を崩さないよう意識して練習しましょう。

斜面打起しでの矢の向きで、初心者に多いのは矢先が上がり過ぎることです。無造作に打起すとほとんど矢先が上がってしまうので、矢の水平を意識しましょう。

両腕や両肩の力を抜き過ぎた場合や、矢の引き具合少ない時にも生じやすい射癖です。




反対に矢先が下がり過ぎる時は、矢先の水流れを意識し過ぎた場合です。同時に、左肩が落ち過ぎたり、右肩が上がり過ぎたりすることもあるので気をつけましょう。

打起しの正しい弓の向きは、ほぼ垂直となるのが基本です。

伏せすぎる時には、手の内が上押しになっていることが多く見られるので気をつけましょう。

反対に、照り過ぎる時には、手の内が下押しになっているか、右手(弽)のひねり過ぎもよって生じてきます。

打起しの弓の高さも意識して、練習を行ないましょう。両肩でつくる角度が約45度程度の位置に打起すのが基準となっています。

この角度が高過ぎても、低過ぎても、大三への移行がスムーズにできなくなってしまいます。


3. 徒手練習とゴム弓練習

道場などで、指導者から射癖について正してもらうことができたら、確実に正しく動作を行なうためには、繰り返しの練習が必要です。

初心者の場合、射法八節を覚えるためには、弓矢を持たずに射法の練習をするものです。

道場での弓を引けないときや、自宅での自主練習として、鏡を見ながら行なってみるのもいいことでしょう。

徒手練習は、弓の力を感じずに、行なえるのが利点でもあります。

弓道経験者の場合は、弓がないとできるのに、弓を持った途端に射形が崩れてしまうといったこともありますが、弓を持たずにできることは、弓を持ってもできるはずですので、それを確認するための練習方法としては効果的な練習法のひとつでもあります。

ゴム弓練習は、射法八節の流れがある程度わかるようになったら、ゴム弓で手の内の作り方や弓手の上押しのかけ方を学ぶことができます。

徒手練習と同様に、道場で弓を引けないときや、自宅での自主練習として行なうことができる効果的な練習法です。

道場に毎日通うことはできなくても、徒手練習やゴム弓練習といった方法で自宅で自主練習を繰り返し行なうことで、射形が整っていき、弓道の上達へと近づいていくでしょう。







弓道が驚くほど上達する練習教材

弓道が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも良い成績を残せない!
✓大人で弓道を始めたが伸び悩んでいる
✓弓道部の顧問になったが指導方法が分からない
✓近くに良い指導者がいない
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「弓道が驚くほど上達する練習教材」です。

弓道が驚くほど上達する練習教材は、 元国体チャンピオンや天皇杯覇者などの名人が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に弓道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の弓道が上達する練習教材を紹介します。


  • 弓道上達革命 ~初心者と指導者向け~【天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修】DVD2枚組



    弓道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 中学や高校の弓道部、大人で弓道を始めた人、弓道部の顧問 のために開発された弓道上達プログラムです!

    史上最年少で天皇杯覇者となり、その後インターハイや国体など数々の全国大会で優勝者を育て上げた弓道教士七段「増渕淳人」先生がついに明かす弓道上達の極意が詰まっています!

    しかも、半年以内に弓道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ