弓道における弓構えと物見について

物見は、弓構え以降の動作において、顔を的へ向ける動作です。弓道中級者でも物見を正しく入れられていない人がいますので、しっかりと基本を押さえ、上達へと結び付けましょう。


1.物見とは

弓構えで、取懸け、手の内を正しく行えたら、顔を自然に的へ向けます。顔を自然に正しく的に向けることを「物見」を定める、といいます。

物見は不正がよく出る動作です。

物見を定めるとは、目づかいの言葉ではありますが、この正しい顔向けを見につけると、的中も良くなり、上達を実感できます。

物見の手順としては、大きく二つの工程にわけられます。

取懸けから手の内までは、視点を手元に向けます。

次いで、手の内を整えたら、左手を10センチほど押し開いた後に、顔を的へ向けます。あごが上がらないように、首筋の縦の線のつっぱりを感じて下さい。

「目尻、見頭」という古い武術の教えがあります。これは目の瞳の位置を示した言葉です。顔が傾かず、水平を保ち、左目の瞳が目尻にきて、右目の瞳は目頭にくる状態です。

的を見るときは「半眼」にします。

半眼とは、まぶたを半分開いて見ることではありません。物理的なものというよりも精神的な意味合いが強く、目に力を入れないような気持ちで、ぼんやりと的を見るようにします。

弓道を始めた当時、「睨むように的を見ると的が逃げていく」などと教わったことがあります。的が本当に逃げるかはわかりませんが、眼に力が入ると無駄な力が入ったり、中て気が出るのは事実です。





2.物見における注意点

物見は、的を見るだけの動作ですが、弓道をするうえで重要な意味を持っています。

最初に述べたように、物見は不正がよく出る動作であり、弓道中級者でも物見を正しく行えていない人がいるほどです。

物見が正しく行えていないと射に影響を与えます。また、弓構えでしっかりと物見を正しく入れられても、大三、引分けにつれて物見が浅くなってしまうことはよくあります。

物見を定めたあとは、全ての行射が終わるまで、頭や視線が動かないように注意します。

顔を自然に的へ向ける、とありますが、実際には、首筋にくぼみができるまで入れるのが良いです。的を見ることだけでなく、首をしっかりと的へ向けることで、押し手が充分に伸びます。

顔向けが浅いと引き分けづらくなり、特に押し不足になってしまうため、外見上も目立って左肩が出てしまいます。あごを引いて、しっかりと首筋を立てましょう。

顔が前へ傾くと右方向へ矢が飛びやすくなり、胴造りが崩れる原因になります。一方、後ろへ傾くと、あごが上がってしまい、矢は左方向へ飛びやすくなります。

あごが上がると、その後の行射にも影響を与えます。引分けに弓を仰ぐようになり、後方へ大きく反ってしまいます。

弓構えでしっかりと物見を定めたからといって、射を終えるまで油断しないように気を付けましょう。それが、上達のコツです。







弓道が驚くほど上達する練習教材

弓道が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも良い成績を残せない!
✓大人で弓道を始めたが伸び悩んでいる
✓弓道部の顧問になったが指導方法が分からない
✓近くに良い指導者がいない
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「弓道が驚くほど上達する練習教材」です。

弓道が驚くほど上達する練習教材は、 元国体チャンピオンや天皇杯覇者などの名人が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に弓道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の弓道が上達する練習教材を紹介します。


  • 弓道上達革命 ~初心者と指導者向け~【天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修】DVD2枚組



    弓道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 中学や高校の弓道部、大人で弓道を始めた人、弓道部の顧問 のために開発された弓道上達プログラムです!

    史上最年少で天皇杯覇者となり、その後インターハイや国体など数々の全国大会で優勝者を育て上げた弓道教士七段「増渕淳人」先生がついに明かす弓道上達の極意が詰まっています!

    しかも、半年以内に弓道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ