弓道初心者の矢数稽古の練習方法について

日本古来の武道である弓道を初めて習う方にとって、効果的に上達する方法を試行錯誤することは必至だと思いますが、ここでは、弓道の基本になる練習方法のひとつでもある、矢数稽古の重要性を知る必要があります。


1. 弓道の習得第一段階の三つの稽古

弓道の初心者は、まず、指導者から弓の取扱い方、引き方といった基礎を教えてもらうことから、「見取稽古」、「工夫稽古」、「矢数稽古」による、自己トレーニングで上達を目指すことが始まります。

「見取稽古」とは、指導者や上級者、先輩の稽古を見て習うことをいいます。

武道は、「型」を正しく忠実に再現することが求められます。この「型」をまねるためには、稽古の場で見て、共感し、体得することが上達への第一歩となるのです。

ただ、「型」だけを見るのではなく、そのひとつひとつの動作に込められた「心」を感じる必要があります。

「工夫稽古」とは、自分で研究して上達を目指すことをいいます。

弓道に関する指導書で勉強したり、指導者、上級者、先輩に質問をして、自分の射法を省みて、正していくのです。




「見取稽古」では、質問などはすることなく、技を盗んでいくものですが、「工夫稽古」では、実際に疑問に思ったことを聞くことができるので、それまで、見るだけでは会得できなかった行射の意味を理解し、より正しく忠実に「型」を再現することが可能になってきます。

「矢数稽古」とは、実際に的に弓を射る練習のことを指します。

「見取稽古」で学んだことを、確実に自分のものにするための大切な稽古になります。


2. 弓道の稽古はバランスが必要

弓道も他の武道と同じように、心・技・体を重んじます。

「見取稽古」で盗んだ技を、「矢数稽古」で多くの矢を射ることで体得し、「工夫稽古」で自分の射法の問題点を改善し、この三つの稽古を繰り返すことによって、上達を目指すのです。

弓道の練習の目的は、的に中てる技術の成長だけでなく、精神の成長の意味合いも含まれています。

「矢数稽古」は、バッティングセンターで球を打ち込む練習と似ていると思われがちですが、ただ漫然と矢数をかけていても、上達は望めません。

実際に矢を射ることで体力はついても、「型」が正しくできていなければ、的に中てることはできて、試合に勝つことはできても、弓道の結果としては負けを意味することにもなります。

正しい「型」を追求し、反復練習によって確実に体に覚えさせることが、自信につながり上達への近道となることでしょう。







弓道が驚くほど上達する練習教材

弓道が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも良い成績を残せない!
✓大人で弓道を始めたが伸び悩んでいる
✓弓道部の顧問になったが指導方法が分からない
✓近くに良い指導者がいない
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「弓道が驚くほど上達する練習教材」です。

弓道が驚くほど上達する練習教材は、 元国体チャンピオンや天皇杯覇者などの名人が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に弓道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の弓道が上達する練習教材を紹介します。


  • 弓道上達革命 ~初心者と指導者向け~【天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修】DVD2枚組



    弓道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 中学や高校の弓道部、大人で弓道を始めた人、弓道部の顧問 のために開発された弓道上達プログラムです!

    史上最年少で天皇杯覇者となり、その後インターハイや国体など数々の全国大会で優勝者を育て上げた弓道教士七段「増渕淳人」先生がついに明かす弓道上達の極意が詰まっています!

    しかも、半年以内に弓道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ