家でできる弓道が上達する練習方法

弓道の練習と聞くと、すぐさまに道場を思い浮かべるのではないでしょうか。

道場とは言わなくても、的場がある練習場を思い浮かべる方が大半かと思います。

でもそういった練習は特定の場所でしか行えなかったり、弓矢がないと練習ができないといったことがしばしばおこりえます。

そこで今回は、家でできる弓道が上達する練習方法として3つにわけて話を展開していきます。

道場や的場といった限定的な場所に縛られない練習方法を取り入れて、さらなる弓道上達へつなげていきましょう。


1. 道場でできなくて、家でできること

まず家でできる練習方法の前に、道場でできなくて家でできることはなにか考えてみましょう。

道場ではできなくて、家でできることは次のようなものがあります。

・イメージトレーニング
・自己分析
・筋力向上トレーニング
・体配練習
・姿勢の矯正 など

意外と家でできる練習というのは多いものです。

次で家でできるおすすめの練習方法を解説していきます。


2. 家でできるおすすめの練習方法5選

1.イメージトレーニング

イメージトレーニングは道場でもできないわけではありませんが、様々な人が練習している場では落ち着いてイメージすることが難しいです。

道場ではついついほかの人の射型が気になる、ついついほかの人の話し声が気になる。

家では自分自身のパーソナルスペースですので、イメージトレーニングには向いている環境だといえます。

まずは前向きな結果をイメージします。

その際に、漠然と「こうなりたいな」とイメージするのではなく、具体的なイメージを描けるように何度も繰り返しイメージを行います。

いい結果、求める結果を具体的な場面がイメージできるまで繰り返し脳内で思い描いてください。

繰り返し脳内でイメージすることで、潜在意識という深層心理に求める結果がインプットされます。

インプットされたイメージは道場の練習のときにも効果を発揮します。

2.自己分析

自己分析とはいえ、漠然と「こんな感じだった」という感覚だけを頼りに分析するのではありません。

まず道場、的場などで実際に弓を引いている一部始終を動画に撮っておきます。

撮った動画はその場で確認するのも良しですが、ここはもう一歩踏み込んで分析材料として使います。

現在の自分自身の射型を分析して知っておくことは、弓道上達には欠かせない必須項目です。

目下としては、今現在直面している問題の解決、さらなる弓道の上達へとつながります。

その他には、先に似たような問題を抱えた際の解決に役立つかもしれないという将来への利点があります。




また余裕があれば、ほかの人に協力してもらってほかの人の射型も動画に撮らせてもらうと良いでしょう。

ほかの人の射型の分析も、自分自身への投資となります。

3.筋力向上トレーニング

筋トレはなかなか道場ではできないトレーニングですね。

筋トレは毎日行うのではなくて、週3~4日を目安として実施すると良いです。

特に筋トレを行いたい筋肉は、背筋、腹筋といった姿勢を保つのに必要な筋肉、弓を引くのに欠かせない上腕三頭筋といった筋肉です。

4.体配練習

道場ではほかの練習している人のことを配慮しつつ体配練習を行う必要があります。

さらには指導者がいる場合には、指導者のリズム等に合わせて練習が行われるかもしれません。

そこで、自宅で一通り自分自身だけで体配を行ってみます。

実際に自分自身で行うことで、しっかりできるもの、不安が残るもの、できないものといったことに気づくことができます。

教本などが手元にある場合には、不安が残る、できない体配はしっかり確認して練習を行うとよいでしょう。

5.壁押し

自宅だからこそできる練習としては、壁押しがあげられます。

これは主に左手の肘の入れ具合の確認、矯正が目的で、左手の肘が気になる方におすすめです。

やり方は次の通りです。

① 壁に肩の位置から一直線になるように手をつきます。この時左手は弓の握りを握っているような角度にすることを忘れないでください

② 肘を入れ、負荷のかかり具合、角度といったことを確認します

さらに肩からの入れ具合まで確認したい場合は、最初に体が壁に対して垂直になるように立って①~②の手順を行うと肩から腕にかけての力のかかり具合などが確認、矯正できます。


3. 道場や的場で家での練習成果をどのようにつなげるか

家で練習を繰り返したあとは、道場、的場で成果につなげることが肝心です。

しかし家と道場等では勝手が違うため、ギャップに戸惑ってしまうかもしれません。

その時に「家ではできたのに…」と落ち込まずに、家と道場等との環境の違いをおさえるようにしましょう。

環境の違いをおさえると、家で出来たことを道場等でできるようにすればいいのかがわかるようなります。

家で出来たこと、いい結果がイメージできたことは道場等でも実現できます。

焦らず、家と何が違うのかといったことを探り出してください。

それが道場や的場でも練習成果を発揮するために必要なことです。

以上3つにわけて、家でできる弓道が上達する練習方法を解説しました。

道場じゃないから全ての練習ができないわけではないので、普段から練習に取り組み、さらなる弓道上達へつなげていきましょう。







弓道が驚くほど上達する練習教材

弓道が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも良い成績を残せない!
✓大人で弓道を始めたが伸び悩んでいる
✓弓道部の顧問になったが指導方法が分からない
✓近くに良い指導者がいない
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「弓道が驚くほど上達する練習教材」です。

弓道が驚くほど上達する練習教材は、 元国体チャンピオンや天皇杯覇者などの名人が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に弓道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の弓道が上達する練習教材を紹介します。


  • 弓道上達革命 ~初心者と指導者向け~【天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修】DVD2枚組



    弓道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 中学や高校の弓道部、大人で弓道を始めた人、弓道部の顧問 のために開発された弓道上達プログラムです!

    史上最年少で天皇杯覇者となり、その後インターハイや国体など数々の全国大会で優勝者を育て上げた弓道教士七段「増渕淳人」先生がついに明かす弓道上達の極意が詰まっています!

    しかも、半年以内に弓道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ