弓道の体配が上達する練習方法

弓道をはじめたばかりの頃は、体配より射形に注目しがちです。

射形は弓道のだいご味である弓を引く動作であるためです。

しかし、弓道場で練習を行うからには体配も大切な要素です。

今回は体配のコツと上達する練習方法を3つのパートにわけて解説します。


1. 普段の動作とは異なる弓道の体配

弓道の体配は、普段の動作とは異なります。

普段わたしたちは、立つ、歩く、座るといった動作を頻繁に行っています。

これらの動作を特に意識して行うことは少なく、無意識のうちに行っています。

しかし、弓道では無意識のうちに行う動作では体配となりません。

基本的にゆっくりとした動きのため、普段通りに行おうとするとバランスを崩したり、不格好になってしまいます。

ピンと背筋の伸びた、正しい姿勢で落ち着き払った振る舞い。

これが弓道のだいご味であり、礼に始まり礼に終わるの所以でもあります。

つまり、無意識に動くのではなく、意識して動くことが弓道の体配のポイントとなります。


2. 体配の要は”腰”

普段と体配との大きな違いは、腰にあります。

弓道ではよく腰をいかすといわれます。

坐射のために座った際、正座ではなく跪坐という姿勢をとります。

跪坐はすぐに動けるようにした座り方で、立つ時には足から立つのではなく、腰をまず立ててから足を立てていきます。

歩くときはすり足で進むため、腰から上を安定させ上体を崩さずに進むイメージとなります。

座る、立つ、歩く、こういった体配の要は腰なのです。

腰をうまく使えると、上体が安定します。

腰を使うためのポイントは、歩幅、視線、呼吸です。




弓道の体配にはそれぞれに目安となる視線、呼吸があります。

これらは一長一短に身に付くものではないため、普段の練習時から意識して繰り返し行っていきましょう。


3. 体配が上達する練習方法とポイント

普段の練習時から行うといい練習方法などを解説します。

これらを踏まえて行うことで、体配が上達していきます。

【 座った際の練習ポイント 】

・下腹部に少し力を入れて背筋を伸ばす
普段猫背の人ほど繰り返し練習することをおすすめします。

下腹部に少し力を入れると、背筋を伸ばしやすくなります。

・座った際、視線は約2メートル先に落とす
視線を遠くにおくことで、背筋を伸ばしやすくなります。

上半身を傾けないように、下腹部に少し力を入れるに加え、胸を開くようにすると綺麗に座れます。

【 歩く際の練習ポイント 】

・視線を約4メートル先に落としすり足を意識する
視線を近くに落としすぎると、前かがみの姿勢になってしまいます。

そのため、約4メートル先を見据えすり足で進むことを意識しましょう。

すり足のポイントは、できるだけかかととつま先をできるだけ上げないことです。

・ひざを曲げずに呼吸に合わせる
普段はひざを曲げて歩きますが、弓道の場合はひざを曲げずに呼吸に合わせて進みます。

左足から踏み出すときに吸う、右足を出すときに吐く。

この呼吸リズムに合わせて歩いていきます。

以上3つのパートにわけて体配のコツと上達する練習方法について解説しました。

射形に加えて、体配も弓道の大切な動作です。

しっかり身につけていきましょう。







弓道が驚くほど上達する練習教材

弓道が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも良い成績を残せない!
✓大人で弓道を始めたが伸び悩んでいる
✓弓道部の顧問になったが指導方法が分からない
✓近くに良い指導者がいない
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「弓道が驚くほど上達する練習教材」です。

弓道が驚くほど上達する練習教材は、 元国体チャンピオンや天皇杯覇者などの名人が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に弓道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の弓道が上達する練習教材を紹介します。


  • 弓道上達革命 ~初心者と指導者向け~【天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修】DVD2枚組



    弓道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 中学や高校の弓道部、大人で弓道を始めた人、弓道部の顧問 のために開発された弓道上達プログラムです!

    史上最年少で天皇杯覇者となり、その後インターハイや国体など数々の全国大会で優勝者を育て上げた弓道教士七段「増渕淳人」先生がついに明かす弓道上達の極意が詰まっています!

    しかも、半年以内に弓道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ