弓道の弓返りが出来るようになる練習方法

弓返りができなくて悩んでいる人は多いです。

どうにか弓返りをさせようとして、手の内をわざと緩ませたり、手首を振ってしまったりという悪いクセを身につけてしまうことさえもあります。

しかし、なぜ弓返しは起こるのでしょうか。また、なぜ弓返しは必要なのでしょうか。

今回は弓道の弓返しについて、必要性から練習方法まで解説しました。


1. そもそも弓は矢を直進させられない?

意外かもしれませんが、和弓には何もせずに矢を放つと直進させることができません。

弓道に用いる和弓は矢を弓の右側につがえます。

離れの際に弦がどんなに真っ直ぐの軌道を描いたとしても、矢は本来右へ右へと進んでいきます。

これではいくら的を狙おうと、身体を左右に割っていようと狙った位置に矢が届きません。

そこで必要となるのが、弓の回転運動です。

弓に回転運動がかかるように、弓をねじり押し込むことによって、矢は正面の的へ向かって飛んでいきます。

ただ弓を引いて矢を放つだけでは、矢は直進しないのです。


2. 本来の弓返し

和弓の特徴をふまえ、手の内を活かすことによって矢は正面の的へ飛んでいきます。

そこでポイントになるのが、左手で弓をねじり押し込む力をかけることです。

ねじり押し込む力をかけることによって、弓に回転運動がうまれます。

さらには、親指を的へしっかり押し続けることで最後まで矢を送り出してやることができます。

回転運動と、押し出し。

この2つの力によって弓返しは生まれます。

つまり弓返しは故意にできるようにするのではなく、射法八節の一連の動作の結果から自然発生する動作なのです。

弓返りは次の点を踏まえた状態をいいます。




■左手首を左に振ることなく、まっすぐ親指が的へ向かっている

■本来の手の内の位置から、親指一本分以上弓が落ちていない


3. 弓返しができるようになる練習方法

弓返しをするにあたって、実は弓には回転が得意な弓と不得意な弓があります。

回転が得意な弓を「入弓(いりゆみ)」、不得意な弓を「出木弓(できゆみ)」といいます。

入弓は弦を張ると、弦が握りの右側に来る弓です。

出木弓は弦を張ると、弦が握りの左側に来る弓です。

握りの右側に弦が来る分、入弓の方が回転がかかりやすいのです。

そして、先ほど回転する力と、最後まで親指が的方向へ向いていることがポイントだと述べました。

回転する力は、握りをねじり押し込むことで可能ですが、もう一つ大切なポイントがあります。

それは、握りをがっちり握らないことです。

元来手の内は、卵を握るかのように柔らかく握るものです。

弓を落とすか落とさないか、ぎりぎりの力加減で握るのが弓の回転をよくする秘訣なのです。

なかなかぎりぎりの力加減は怖くてやりにくいものですが、この握り加減を習得できるとぐっと弓の回転はよくなります。

普段の練習の中から、少しずつ練習をしていきましょう。

親指を最後まで押し切るためには、親指でも虎口側を握りに幅広く付けるように手の内を整えるといいです。

幅広く親指の側面が付いていることで、ねじり押し込む力がかかりやすくなるためです。

以上弓返りについて解説しました。

見た目の良さから小手先で弓返りをしようとするのは、悪い癖をつけるだけです。

今できないとしても、繰り返し練習をすることで技術は確実に上達します。

本当の意味で弓返しが発生させるために、弓道の上達をさせていきましょう。







弓道が驚くほど上達する練習教材

弓道が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも良い成績を残せない!
✓大人で弓道を始めたが伸び悩んでいる
✓弓道部の顧問になったが指導方法が分からない
✓近くに良い指導者がいない
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「弓道が驚くほど上達する練習教材」です。

弓道が驚くほど上達する練習教材は、 元国体チャンピオンや天皇杯覇者などの名人が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に弓道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の弓道が上達する練習教材を紹介します。


  • 弓道上達革命 ~初心者と指導者向け~【天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修】DVD2枚組



    弓道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 中学や高校の弓道部、大人で弓道を始めた人、弓道部の顧問 のために開発された弓道上達プログラムです!

    史上最年少で天皇杯覇者となり、その後インターハイや国体など数々の全国大会で優勝者を育て上げた弓道教士七段「増渕淳人」先生がついに明かす弓道上達の極意が詰まっています!

    しかも、半年以内に弓道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ