弓道の押手を強化する筋トレメニュー

弓道での左手のことを”押手”といいます。

この押手が的中を大きく左右することは、弓道をしている人なら誰しもが感じていることだと思います。

これは正面、斜面関係なしに共通です。

しかし中には、押手のパワーに関して不安を抱いている人もいるでしょう。

そこで今回は、押手を強化する筋トレメニューを解説します。

押手を筋トレで強化して、さらなる弓道の技術を上達へつなげていきましょう。


1. 押手に関係する筋肉は3か所

押手を強化するにあたり、筋トレを行いたい筋肉は次の3箇所です。

手の筋肉、前腕筋、三角筋です。

前腕とは手の平から上腕にかけての部分です。

三角筋は、上腕と肩とをつなぐ三角形の筋肉です。

この3か所を鍛えることで、押手の強化ができます。


2. 手の筋トレ

手の筋トレを行うことで、握力を向上させることができます。

最低限の握力があれば弓を引くことは可能ですが、やはり自由にコントロールできる余裕のある筋力が欲しいところです。

この手の筋トレではハンドグリップと呼ばれる道具を用います。

100円均一などでも手軽に入手することができます。

【 ハンドグリップでのトレーニング方法 】
(1)肘を軽く前方へ曲げた状態で立つか、座っておきます

(2)手の甲を自分に見えない側に向けて、ハンドグリップを握ります

(3)姿勢を維持したまま、ゆっくりしっかり握ります

(4)しっかり握れたら、ゆっくり緩めていきます

(5)3~4の動作を10回を1セットとし、左右各2~3セット行います





3. 前腕筋の筋トレ

前腕の筋トレを行うことで、弓を最後まで押し続ける力を向上させることができます。

この前腕筋の筋トレではダンベルを用います。

もしダンベルがなければ、ペットボトルに水を入れても代用できます。

【 ダンベルでのトレーニング方法|リバースカール 】
(1)姿勢を正して両手でダンベルを持ち立ちます。この時、ダンベルを持っている手の平は下向きにしておきます

(2)腕は15度程度の角度になるようにし、脇をしめます

(3)肘は動かさず、ゆっくりと息を吐きながらダンベルを約90度の位置になるまで持ち上げます

(4)ゆっくりと息を吸いながらダンベルを元の位置に戻します

(5)3~4の動作を10回1セットとして、2~3セット行います


4. 三角筋の筋トレ

三角筋の筋トレを行うことで、背中から肩、腕、手にかけての押し続ける持久力が向上します。

このトレーニングではどこの家庭にもあるタオルを用います。

(1)姿勢を正してタオルを両手に持ち立ちます

(2)タオルを持った手を、太ももの前側に少し浮かせる状態で構えます

(3)タオルを両方に目いっぱい引っ張り、その状態を10秒間キープします

(4)ゆっくり力を解きます

(5)完全に力が抜けたら、30秒程度のインターバルを挟みながら3~4の動作を3セット行います

以上弓道の押手を強化する筋トレを解説しました。

押手の強化と一口に言っても、使用する筋肉は複数あります。

手、腕、肩とまんべんなく鍛えて、さらなる弓道の技術を上達させていきましょう。







弓道が驚くほど上達する練習教材

弓道が驚くほど上達する練習教材

✓子供が試合でいつも良い成績を残せない!
✓大人で弓道を始めたが伸び悩んでいる
✓弓道部の顧問になったが指導方法が分からない
✓近くに良い指導者がいない
✓短い練習時間で良い成績を残すコツが知りたい


そんなアナタにおすすめなのが、 「弓道が驚くほど上達する練習教材」です。

弓道が驚くほど上達する練習教材は、 元国体チャンピオンや天皇杯覇者などの名人が監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実に弓道が上達することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群の弓道が上達する練習教材を紹介します。


  • 弓道上達革命 ~初心者と指導者向け~【天皇杯覇者 教士七段 増渕敦人監修】DVD2枚組



    弓道上達法の決定版がついに登場!!



    このプログラムは 中学や高校の弓道部、大人で弓道を始めた人、弓道部の顧問 のために開発された弓道上達プログラムです!

    史上最年少で天皇杯覇者となり、その後インターハイや国体など数々の全国大会で優勝者を育て上げた弓道教士七段「増渕淳人」先生がついに明かす弓道上達の極意が詰まっています!

    しかも、半年以内に弓道が上達しなかったら 全額返金される保証付き なので、安心して取り組めます!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ